福島県移住名鑑:五十嵐加奈子さん|古民家を改修した 食堂つきとおひさまを経営

ワゴン杉本

bnr_iine160214

五十嵐加奈子さん|古民家を改修した 食堂つきとおひさまを経営

2017_0109_12093600.jpg

【訪問地域】
福島県喜多方市


【お仕事】
食堂つきとおひさま

加奈子さんは喜多方の近くの北塩原市出身。
2011年に福島県にUターンし、空き家を改修した食堂(カフェ)
「食堂 つきとおひさま」をオープン!

ご夫婦で経営していて、雑貨屋さんも併設されています。
古民家を改修した店内は、ゆったりくつろげます。
私もコーヒーを飲みながらのんびりしていましたが、
外に出たくなくなるほど、居心地が良いのです。

<リンク>
つきとおひさま
http://tukitoohisama.com/

【移住支援グラフ】
2017_0109_12083800.jpg
A.仕事・起業:4
B.住居:4
C.コミュニティ:4
D.レジャー:4
E.子育て・教育:4
F.料理・まかない:5

※移住支援グラフとは?
移住希望者に対し、その地域の先輩がどのような協力が出来るかを示したグラフです。移住で大切なのは協力してくれる「人」です。移住の参考にしてみましょう!

【オススメのお店】
平出竹材店
ひげの長いおじいちゃんがやっている昔ながらのお店。
色々面白いお話しをしてくれるとのこと。

【移住希望者に一言!】
喜多方は四季がはっきりしていて、自然の面白さを感じられます。
食べ物も空気もおいしいよ!


この方のような暮らしを地方でしたいなら!
以下のイベントをチェック!
bnr_iine160214

関連記事一覧