「今年から月に1回は帰省するように習慣づけてます」〜実家は滋賀県で材木屋のセガレ編〜

セガレ・セガール談義

こんにちは、中野です!

実家の家業を継ぐかどうかでもやもやと悩むセガレ・セガールたちに話を聞いていく本企画。
第三弾です!(参加者まだまだ募集中です!)



今回、チャットしたのは滋賀県出身の角佳宣さんです。
25歳の角さんは私と同じ社会人3年目。
働くことに慣れてきて、転職について考える分岐点とも言える時期ではないでしょうか。

現在、都内の内装会社で営業として働く角さん。
実家は100年以上つづく材木屋を営んでいます。

絵になる加工場!!!


今回のセガレ・セガール談義のトピックス

◆ 社会人3年目は悩み多き年。
◆ 実家が家業をたたむ問題
◆ 月に1度は滋賀に帰省、そのこころは?
◆ 地元、いつ戻る?何する?

今回、角さんとの私も実家について改めて考えさせられました。
みんな〜!お正月は実家に帰って家族と話そう〜!


セガレ・セガール談義の今までの会話はこちらからどうぞ!

関連記事一覧