「いきなり『継ごうと思う』と話したので、両親がびっくりした」
〜実家は静岡で農家のセガレ編〜

セガレ・セガール談義

こんにちは、中野です!

Web

先日、「上京している跡継ぎと話をしたい!」と募集したところ、沢山の申込みがありました!
詳しくはこちらの記事を参照くださいませ〜


随時連絡を差し上げますので、お待ちください!

早速、「セガレ・セガール談義」第一弾を公開します〜!

今回お話をお聞きしたのは
岩品孝則さん。
静岡県出身で農家(枝豆といちご)のセガレの岩品さんは現在29歳。
都内で5年間家具の製造販売業の会社で店舗管理を担当後、実家を継ぐため農業の勉強をし始めます。

ca3ba1d587340e7d31f19ac5c6ef762b_s

今回の「セガレ・セガール談義」のトピックスはこちら!

◆ 前職を辞めたきっかけ、なぜ実家を継ごうと思ったか。
◆ いつ実家に戻る?
◆ 実家に戻るにあたって、不安に思っていること
◆ 実家に戻るにあたって、ワクワクしていること
◆ 実家に戻ってから、まず挑戦したいこと


まだまだ参加者募集中ですよー!!
地元に戻ることを考えている後継ぎの皆さんのご応募お待ちしておりますー!

関連記事一覧