地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
地元のギフト
みんなでつくる「地元のギフト」起案パートナーを募集中
ジモカンライター|地元C地元C

みんなでつくる「地元のギフト」バナー_起案者募集_大
 

現在地元カンパニーでは、“みんなでつくる「地元のギフト」”(クラウドファンディングを用い、制作費を地元や地域にゆかりのある方から募る事業モデル)の、起案パートナーを募集中です。

地元のギフトとは

まずはこの動画をご覧ください。「地元のギフト」をお使いいただいた地元企業さまの感想をまとめたものですが、こちらで地元のギフトの全体像をつかんでいただけるかと思います。

地元産品が一つの箱にカード形式で封入されており、その中からお好きなモノを一つ注文すると産地直送で旬の時期に商品が届くカタログギフト。商品一つひとつに一枚ずつカードが用意され、つくり手だけでなく担い手の顔まで見ることができます。彼らの人となりや、ものづくりへの思いが感じられる、あたたかみのあるカードです。

Print

制作地域も少しずつ少しずつ、増えてきました。「地元のモノを贈り物に」、そんな文化が広まってきています。

Print

「地元のギフト」を作り上げる課程、出品者を探し、お願いし、取材し、カタチにする行為。

最初は小さな1人の思いかもしれませんが、それが縁をつなぎ輪になっていきます。

地元を元気にするということは、こうして人と人とを少しずつ少しずつ、つないでいくことではないでしょうか。

そしてそれを継続することではないでしょうか。

「みんなでつくる地元のギフト」はその為の一つの仕組みです。

みんなでつくる地元のギフトの仕組み

詳しくご説明すると、最近認知が高まってきたクラウドファンディングの仕組みを採用し、「地元のギフト」をつくりたい!という各地域の有志の方が起案パートナーとなり、その地域にゆかりのある方々から、1口1万円の購入予約という形で資金を募ります。(どなたでも購入予約できます)

購入予約頂いた費用は、これから制作するそれぞれの地域の「地元のギフト」代とその制作費に充当し、ギフトを完成させる仕組みになります。ギフトが完成したらご支援いただいた方々にまずお届けします。


1.webで資金調達!

クラウドファンディングのしくみを活用して、45日間で出資を募ります。



CF説明1

【起案者は】

  • web募集ページ制作用の告知文や画像素材を用意する。
  • facebookページで活動報告や情報発信を行う。
【地元のために応援したい!という人=支援者は】
  • 一口10,000円の購入予約という形で、制作費・活動費を支援する。


2.出品者を集める

ギフトのラインナップに加えたい出品者を探して交渉します。



CF説明2

【起案者は】

  • 支援者からアンケートをとるなどしてラインナップを考え、出品交渉を行う。
【出品者は】
  • 出品が決まったら、商品内容を考える。


3.取材する

出品者へのインタビュー、原稿作成、作業風景の写真撮影などを行います。



CF説明3

【起案者は】

  • カード制作に必要な写真や原稿を用意する。取材は支援者と一緒に行きましょう!
【地元カンパニーは】
  • 商品写真の撮影、カードのデザイン、印刷を行う。


4.販売スタート!

起案者自身が販売店となって、個人や企業等に向けて販売できます。



CF説明4

【販売方法の事例】

  • 自社webページでの販売
  • 新郎新婦への直接販売
  • 地元企業への販売(お中元お歳暮、株主優待用ギフトなど)
  • 自治体への営業(ふるさと納税の返礼、首長の手土産など)
  • 支援者からの紹介

制作スケジュール

クラウドファンディング開始からギフトの完成・販売開始まで、約5ヶ月を想定しています(下図のスケジュールはあくまでも目安であり、状況により変動します)。

CF_schedule_2

つくった人の声

東京都 伊豆諸島のギフト

伊豆諸島のギフト制作委員会

清水 雄太 さん

これまで伊豆諸島の島々で活躍する人達とのネットワークが広がってきていましたが、情報共有やSNS上だけで止まっていました。「地元のギフト」を通して「一緒に形にする」ことに取り組むことで、そこで生まれるネットワークを活かした新たな試みがどんどん生まれてくればと思い制作を決意しました。

クラウドファンディング期間中は辛かったですね(笑)。でも毎朝、ギフトページのチェックを欠かさず行っていましたし日増しに増えるギフトページのいいね!の数に大きな期待を感じました。達成の時は安堵感だけでなく責任感も同時に生まれました。

また、今回の取り組みがきっかけで新たな縁がかなり生まれました。同じ伊豆諸島の島々で一緒に何かやっていこう!や「東京の島」をコンセプトに活動を広げていこう!などなど、ドンドン新しい事業に繋げていきたいですね。

tab01_Izuislands-img01

tab01_Izuislands-img02

自分も「地元の為に何か行動を起こしたい」そう思った方は、ぜひご連絡下さい。地元産品の新たな販路開拓にもなりますし、新しい地元コミュニティ形成の一助にもなりえます。詳しい内容を打ち合わせさせて頂ければと思いますので、下記のフォームからお問い合わせ下さい。

宜しくお願い申し上げます。

みんなでつくる「地元のギフト」のお問い合わせをする

氏名[必須]
所属[必須]
電話番号[必須]
メールアドレス[必須]
ギフトをつくりたい地域[必須]
ギフトをつくりたい理由や想い[必須]
クラウドファンディング(資金調達)開始希望日
「○○のギフト」完成希望日
「地元のギフト」は何を見て知りましたか?
備考

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
みんなの地元写真集、in TAICOCLUB'14 詳細へ