【地元のギフト】使い方を勝手に考えてみた! ~コンビニエンスストア編~

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは。HanaLab.ママライターの柴田です。
「地元のギフト」の制作に込められた想いや工夫を調査しています!

緊急フカボリミーティング開催で出てきたアイデアを、どんどんフカボッていきます!


コンビニ

~近くて便利なコンビニ~

もっと、多くの人に「地元のギフト」を知ってもらい、
尚且つ購入する機会が増えるにはどうしたらいいかな?と考えて・・・。

!!柴田、閃きましたっ!!

それは、
セブンイレブンで「お土産物」として委託販売するのはどうですか!?
店内で「お土産」を取り扱っているコンビニは既にありますよね?
観光に行ったときにも、地域のコンビニは立ち寄る機会が多いと考えられます。

現在、長野県内で出店数が一番多いのがセブンイレブン。
そして、地域限定のメニュー開発も積極的に行われています!
だから、地域のこだわりが凝縮された「地元のギフト」は
「お土産」としても最適だと思いませんか!?



信州のギフトの箱

~地域ごとにギフトを設置~

例えば、上田市のセブンイレブンには「上田市のギフト」。
佐久市では「東信のギフト」というように、セブンイレブンがある地域に
合わせて販売するギフトをセレクト。


宅配

~宅配サービス窓口もあるよ!~

さらに!
セブンイレブンにはヤマト運輸の宅配サービス窓口もあります!!

ということは・・・
長野に観光で遊びに来た人がセブンイレブンに立ち寄る
 ↓
店内で「地元のギフト」を発見!
 ↓
お土産として購入
 ↓
購入してすぐに宅配で贈れる!!
野菜など、生鮮食品を扱う訳ではないので、取り扱いもしやすいです。
手荷物が増えて困る!という煩わしさもありません。


~セブンイレブンとのコラボ!?~

そしてそして!!
今後、セブンイレブンとコラボレーションもできちゃうかも!?
例えば、「地元のギフト」で取り扱いしている野菜、お米を使って
作ったお弁当やおにぎりを店頭で販売するとか!?

「このおにぎりには上田市○○さんのお米を使っています!」
というポップにギフトカードを使うこともできますよね!!

考えただけでもワクワクしてきました!

    (参考文献)
  • http://uub.jp/pdr/m/c_9a.html









HanaLab.ママライター:柴田

WRITER
Hanalabママライター:柴田
HanaLab.UNNOで働くママメンバー。広島県福山市出身。1児の母。
父の仕事の都合で転勤が多く、「地元」と呼べる場所がありません。
取材を通して「地元」という概念がどんな風に変わっていくのか楽しみです!



関連記事一覧