地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
地元のギフト
小豆島のギフトについて
ジモカンライター|児玉児玉

2013年2月1日に「小豆島のギフト」が発売されました。
サイト:https://gift.jimo.co.jp/shodoshima


「小豆島のギフト」について

1.「地元のギフト」シリーズの2地域目です。(1地域目は「東信州のギフト」)
2.小豆島の特産物である「醤油」「佃煮」「素麺」「オリーブ」などが描かれた11枚のカードから好みのものを選べます。(※1)
3.小豆島に移住した地域おこし協力隊員(総務省の事業)と当社とで開発
4.その地域おこし協力隊員は「真鍋邦大」という男で、東大卒後、リーマンブラザーズ証券に入社するも2008年に破綻を経験し、2012年に小豆島に移住。
5.真鍋邦大氏と当社代表児玉は東京大学野球部の同期(真鍋が副キャプテン、児玉が4番。ちなみに同期の主将は衆議院議員の「井出ようせい」)
6.小豆島のギフトは、結婚式の引出物はもちろんのこと、今年開催される瀬戸内国際芸術祭でのお土産需要を狙う
7.2月には小豆島内の結婚式の引出物として利用されることが決まっている
8.価格は3980円(税込み)


(※1:カード表 現役(右)と未来の担い手(左)の写真)


(※1:カード裏 現役(右)と未来の担い手(左)の会話や商品情報)


(※1:カードケース)


メディア情報

2013年2月18日 日本経済新聞「地域おこしの「459」、小豆島のギフトカタログ販売」
2013年2月22日 テレビ朝日 やじうまテレビ!情報BOXこれイイ!


「小豆島のギフト」ができるまで



この写真は、2002年の10月に撮影された東大野球部の最終戦後の東大野球部と東大応援部の4年生の集合写真です。ユニホームを着ているのが野球部員で、学ランや制服を着ているのが応援部。チアっぽいのはチアです。

ここに、当社のパートナーの真鍋氏と児玉が写っています。2人は、東大野球部の同期です。真鍋氏が副主将でセカンド、児玉が4番サードということでチームを引っ張っていました。とはいえ、東大野球部は東京六大学ではダントツに弱く、2人が最終学年の4年秋も1勝10敗の勝ち点0で最下位でした。大学野球では負け続けた2人が、10年後の2012年10月に「小豆島のギフト」の制作をスタートしました。

大学卒業後はそれぞれ全く別の道へ。真鍋氏は大学院修了後、金融業界へ(リーマンブラザース証券)。児玉は大学卒業後、IT企業へ就職(電通国際情報サービス)。2007年児玉は会社を退職し「セガレ」を立ち上げ、地元貢献の活動を始める。真鍋氏はリーマンブラザーズの破綻なども経験し、2010年頃からHIP(Home Island Project)に参加しながら東京で四国を盛り上げつつ、四国への移住を考え始める。2012年に地域おこし協力隊として小豆島に移住し、株式会社459を設立し一からビジネスを立ち上げることに。事業の柱の1つが「小豆島のギフト」。


真鍋邦大(まなべくにひろ)氏
株式会社459 代表取締役
香川県出身。大学院修了後、リーマンブラザーズに入社するも、リーマンショックとともに失職。その後、外資系金融会社に転職するも、2012年に地元香川の小豆島に移住し、地域おこし協力隊にも任命され小豆島の活性化をしています。小豆島では「ポン真鍋」として活躍。写真にもありますが、真鍋氏は何でもポンにするポン菓子屋も営んでおり、ポン菓子で島を伝えています。
※写真に写っているのが「ポン菓子製造機」
→真鍋氏のfacebookはコチラ


児玉光史(こだまみつし)
株式会社 地元カンパニー 代表取締役
長野県上田市(旧武石村)のアスパラ農家の出身。大学卒業後電通国際情報サービスに入社し営業職。2007年に退職し「セガレ」を立ち上げる。2012年4月に地元カンパニーを設立。全国の「地元のギフト」事業をスタート。
→児玉のfacebookはコチラ


役割分担は次の通りです。

(株)459:真鍋氏
・小豆島で出品者を集める
・取材
・出品者のフォロー
・小豆島のギフトの販売

(株)地元カンパニー
・商品撮影
・カタログギフトの制作
・商品の受発注管理
・入出金管理

小豆島のギフトには現在11の商品がラインナップされています。真鍋氏が小豆島に移住して、一から関係を築いた方々で、小豆島ならではの商品をつくっている人たちばかりです。小豆島は、醤油、佃煮、素麺、オリーブが有名ではありますが、もちろんそこら辺は抑えつつも、塩やシマポンなど、島としては新しい商品もラインナップに加えられています。

小豆島のギフト商品ラインナップ
波花堂:塩
米農家たけもと:米
山田オリーブ園:オリーブリーフティー
(株)岡田武市商店:佃煮
(有)真砂喜之助製麺所:素麺
ミナト麺業:うどん麺
(株)ヤマヒサ:醤油
(株)高橋商店:醤油
小豆島食品(株):佃煮
ヤマロク醤油(株):醤油
シマポン:ポン菓子

「小豆島のギフト」基本情報
————————————————-
【発売開始日】
2013年2月1日

【価格】
3980円(税込み)

【購入できる場所】
@小豆島:株式会社459オフィス
@東京:地元カンパニーオフィス
WEBショップ:https://gift.jimo.co.jp/shodoshima

【関連するWEBサイト】
株式会社459:http://www.shimapon.jp
株式会社地元カンパニー:http://www.jimo.co.jp
東京大学野球部:http://www.tokyo-bbc.net/

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
【地元のギフト】生まれ育った街の素晴らしさを「贈る」 詳細へ