ブラジル直伝!いつも笑顔でいるたった一つの方法

ジモカンブログ, 地元のギフト

ブラジル人は陽気だ。

きっとそんなイメージはあると思う。

 

実際、陽気だ。明るくて悩みがない、というわけではなく、悩みくらいそれぞれある。

それでもいつもまぶしい笑顔で溢れている。

 

日本人は真面目だ。

というか、無駄に真面目だ。真面目すぎることによる愚痴や不満も多い気がする。

 

そこで今日は、ブラジル人から学んだ、たった一つの「いつも笑顔でいる方法」をお伝えしよう。

ブラジル人は、とにかくよく「褒める」。

子どもが何かできたらParabens!!「すごいね!おめでとう!」はもちろんのこと。

別にできなくたっていい。存在しているだけで素晴らしいんだから。

ただ会っただけでQue bonitinho!!「なんて可愛いの!」

 

人に対してだけじゃない。

大きくて立派な建物を見たらOlha! Que lindo ne?「見て!素敵だね」

なんてことないカフェに入っただけでもChic hein!「おしゃれ!」

何にでもLegal!「いいね!すごい!」

 

褒められていい気分にならない人はいない。

常にポジティブな言葉を投げかけられる環境、自分でポジティブな言葉を言っていることによる自分への影響。

だからか、子どもたち(大人たちもか)は基本的に「自分は愛されている」という自信に満ち溢れている。

 

これが、ブラジル人の強さだ。

効率が良くやる、の前に、楽しくやる。

まずは思いついたものから、ちょっと褒めてみよう。

そうすると、自分がいいな、と思ったものにも敏感になっていく。

 

1240186_597582690289188_1641242530_n
褒めることで自分を、周りを明るく。

関連記事一覧