小諸◆年に一度の泥酔する日

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちはヨダです。

ここでは地元、小諸市の紹介や出来事をおはなししております◎

小諸では「酒呑み百姓の会」というのがありまして
簡単に言うと皆で酒米をつくって、お酒をつくっています。
大塚酒造さんで仕込みをお願いして
できるお酒が、純米吟醸生酒「あさまおろし」

スクリーンショット 2016-11-15 13.10.31

だいぶ簡単に説明しましたが、
1年かけて色々な人が携わってできているお酒です。
全ての仕事を毎回必ず皆でやらなければいけないわけではなく
それぞれ行かれる時には行く、という感じです。

そして、春先にできたお酒を祝う新酒会というのがあります。
そこではできたばかりの「あさまおろし」を囲み、酒飲み百姓の会、
あさまおろし造りに携わった人が一同に集まって乾杯します。

スクリーンショット 2016-11-15 13.10.57

私も地元に戻ってきて
割とふらっと行ったのですが
全然問題なく、いれてもらえました。
だいぶ気軽な感じ。

しかし、日本酒にあうアテを料理人がたくさんつくってくれて
また酒がすすむすすむ。

新酒会は小諸365日の中でも
泥酔者が多発する日なのでした。
もちろん、私もこの日ばかりはいつものストップをはずして
だいぶ飲みます、たのしく酔います。

老若男女関わらず、一緒に
何かをつくり、たのしい時間を共有できる小諸人、最高です!

あさまおろしは限定酒ですので
あまり出回りません・・・
でも、もし見かけたら、、、是非1度は飲んでみて下さい!!

そして、あさまおろしを仕込んでくれている大塚酒造さんは
春先に小諸市のギフトに参加しますので
お楽しみに!!!


shuppin_nouka_top

関連記事一覧