画力が小学生から成長していない

ジモカンブログ, 地元のギフト

地元カンパニー室賀です。

地元カンパニーのパンフレットの絵は
和子さんが描いてくれています。
柔らかいタッチで温かみのある絵が素敵です。

私は絵がすごく苦手。
小学生の頃は、意外とうまく描けていて
コンクールに入賞したこともあった。
小学校1年生の時に入選した絵は玄関に飾られている。
私の絵心のピークがこちら。

e
しかし、高学年くらいから突然みんなの画力が上がり、
自分が急に下手くそになった。
そこから絵を描くのが楽しくなくなり、
絵日記を書くのもポスターを描くのも嫌いになった。
展示会は地獄だった。

褒められると伸びるタイプの私は
褒められなくなった瞬間嫌いになる。
賞が取れないということは下手になったからだと思った。
そして周りの方が上手なことも自分で分かっていた。

勉強も嫌いだが、頑張れば少し出来るようになる。
そして、将来的にも勉強は出来た方が良いと思う。
絵がうまく描けることは、デザイナーなどになるためには必要だと思うが
センスのない人にとってはとてもつらい時間だったので
本当に美術の時間が苦痛で、意味のない時間だと思っていた。

しかし、こないだ新デザイナーのウエノさんが
教える先生によって絵に対する考え方が変わることを教えてくれた。
下手でも絵を描くことが楽しいと思わせてくれる先生と出会えれば
周りと比べて自分が下手という劣等感が芽生えない。

ふむふむ。先生との出会いって大切なんだな。。
小学生の頃は何も考えていないようで意外と今に影響している。
自分が思っているより人への影響があるんですね。
私が何かデザインすることは一生ないと思いますが、
下手すぎて逆に芸術の方向なら可能性はなくはない。
サインの練習しよっと。


shuppin_nouka_top




関連記事一覧