地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
ジモカンブログ
お酒とフルーツ
ジモカンライター|児玉児玉

こんにちは、地元カンパニー・デザイナーのナゴヤです。

初夏に漬けた梅酒が、いい感じになってきました。

<Before>
IMG_3457

<After>
FullSizeRender

今年漬けた梅酒は、一般的なホワイトリカーではなく日本酒を使ってみました。
普通の日本酒はアルコール度数が16〜18度くらいなのですが、これだとうまく漬けられない&酒税法的にNGなんだそうです。
なので、アルコール度数が20度以上ある、梅酒専用の日本酒を使用。
地元の酒蔵が出しているものです。
そろそろ飲み頃なので、開けるのが楽しみです。ホクホク。


日本酒は全盛期に比べると、その消費量はぐんと落ち込み、酒蔵の生き残りをかけた打開策として海外進出が目覚ましくなっているほど。
とはいえ、自身も日本酒好きで世界に向けて日本酒の魅力をPRしている中田英寿の影響もあってか、近年では若い人の間でも、日本酒を飲む人・贈る人、日本酒と料理との組み合わせを楽しむ人が増えてきました。

最近注目されているのは、日本酒とフルーツとのペアリング。
メロン、バナナなど芳香強めの果物と合わせると、不思議と日本酒が美味しくなるんだそう。
そういえば、日本酒の酵母にも種類があって、日本酒を醸す過程で酵母を加えた後に発生する香りは、よくバナナ香、メロン香、などとたとえられます。
酵母が本来持っている香りの成分に近いものは、相性がいいのかもしれません。

私が個人的に気になっているのは、今が旬の柿です。
それも、シャキシャキパリパリの柿よりも、ちょっと熟れすぎたかな・・?というくらいの、とろけるような柿が、日本酒には合うんじゃないか!?と思っています。

「地元のギフト」の出品商品には、お酒も種類豊富に取り揃えています。
日本酒だけでも吟醸酒から純米酒、どぶろくや日本酒を使ったリキュールまで、よりどりみどり。お酒の種類だけじゃなく、「今はあの野菜・果物が旬だから・・・」と、合わせてほしい食材の「旬」を考えながら贈るのもまた、いいですよね。


shuppin_nouka_top

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
みんなの地元写真集、in TAICOCLUB'14 詳細へ