私も欲しい、本のギフト

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは、地元カンパニー・デザイナーのナゴヤです。

この夏、実家に帰省したときに、義姉から絵本をいただきました。
「ちょっとだけ」というタイトルの絵本。

IMG_3955

内容についてここでは詳しく書きませんが、正直私が読み聞かせながら泣いてしまい、最後の3ページを読んであげられなかった絵本です。
でも娘自身はそんなことにはお構いなし。その後も読み聞かせたときのフレーズを所々覚えていて、自分で本を開いては「ちょっとだけ、せいこうしました」と自分で声に出して読んでいる姿を何度か見かけました。(ちなみにもちろん字は読めません)
そんな光景を見るたびに、たくさん本を読んであげたいなぁ、と思っています。


世の中には、本の定期便という商品があります。
赤ちゃん〜大人まで、毎月セレクトされた絵本が届くというもの。

これ、本のギフトコンシェルジュみたいな人がいて、
毎月何かをセレクトしてくれたりしたら面白いのでは!?
子供や孫へのプレゼント、両親へのプレゼント、もちろん自分へのご褒美でもいい。

ehon

本は心の栄養、とはよく言いますが、人は本で育つもの。
全国の本屋さん、ブックメーカーの皆さん、地元のギフトで「本のギフト」って、どうでしょうか??

shuppin_nouka_top

関連記事一覧