地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
ジモカンブログ
今週末は…ロッピス上田!
ジモカンライター|名古屋名古屋

こんにちは、地元カンパニー・デザイナーのナゴヤです。

いよいよ9月17日・18日は超おしゃれな蚤の市、「ロッピスウエダ」ですね!

スクリーンショット 2016-09-13 11.47.08
里帰り出産を終えて上田に戻ってきたちょうど2年前、このイベントを見たときは衝撃的でした。
上田で!こんなおしゃれなイベントが!とものすごくワクワクしたものです。

今年も魅力的なお店がたくさん出店し、気になる企画も盛りだくさん。
兵庫に来てしまった今となっては羨ましい気分です。

そういえば、長野県にはマルシェとかフェスとか野外イベントとかが多いですよね。
ALPS BOOK CAMP、りんご音楽祭、TAICOCLUB、その他諸々・・・。
車でちょっと走れば大自然が身近にあるから、野外で行われるこういうイベントはとても気持ちいいものです。

地元カンパニーは過去に「セガレ」(http://www.segare.jp)というマーケットイベントを開催していたわけですが、実は私もそれに参加していた一人。
実家がりんご農家で、その実家の商品を青空の下で売り、東京の人たちに知ってもらえる、という体験は、1日中立っていると疲れはしますが、それでも貴重で身になるものでした。

やっぱり、つくり手との距離が近い、というのは純粋に素敵なことだと思うのです。
安心安全、だけじゃなく。

そういう意味でも、「地元のギフト」はつくり手・担い手がわかり、つくり手と消費者との距離が近い贈り物。数が増えてきて、オリジナルギフトは15枚のカードを選ぶのも一苦労になってきましたが、、商品そのものだけじゃなく、ぜひカード裏面のつくり手たちの会話にも注目しながら選んでいただければと思います!

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
試される大地「北海道」にて先住民の音に触れた 詳細へ