【地元のギフト】秋田県出身のウェディングプランナーさんが地元に戻るためにギフトを作ったよ

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは。スギモツです

「地元のギフト」は地域で活動しているパートナーさんと一緒に作っています。

このブログでは、パートナーさんのあれやこれやを発信していきたいと思っています。

今回ご紹介するのは「秋田県のギフト」を制作した、秋田地元ギフト制作委員会の武田歩里さん。

akita_partnerprof
生まれも育ちも秋田県の武田さんは、高校卒業後、秋田県を離れて東京での大学生活を過ごしてきました。

卒業後は秋田に戻りウエディング業界へ就職。

その後、フリーランスのウェディングプランナーとして独立し、

現在は東京を中心に活動しています。

そんな武田さんが秋田県に戻るためのきっかけとして、取り組んでくれたのが「秋田県のギフト」制作でした。

仕事が休みの日を利用し、秋田県内のつくり手さんに会いに行き、完成してくれました!

なかなか東京にいながら、地元のギフトを制作するのは大変そうでしたが、

秋田県に強制的にでも足を運ぶことで、感じたもの・繋がりも出来たと思います。

最後に秋田県の魅力を写真で紹介しましょう!
akita_kantofes
東北三大祭りでおなじみの「竿灯祭り!」大きな提灯がついた竿を男たちが持ち上げてバランスを取ります。かっけー。

akita_yokotekamakuraes
豪雪地帯で知られる秋田県の横手市のかまくら祭り!

akita_kiritanpo
そして秋田県の伝統的な食といえば、きりたんぽ!きりたんぽセットも秋田県のギフトにはありまっせー。


いや、よいですね。

是非皆さんも秋田に足を運んでみましょう。

関連記事一覧