地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
ジモカンブログ
【地元のギフト】贈り物になるものって?
ジモカンライター|名古屋名古屋

こんにちは、地元カンパニー・デザイナーのナゴヤです。

ポケモンGOが世界的に大流行していますね。
噂によると今ゲットできるポケモンの種類は150種類前後だとか。

そんな中、ポケモンの数を軽〜く超えるある数字が、今社内で話題になっています。
内輪な話ですが、、、地元カンパニーの今年度の目標。
ズバリ、
「つくり手さんのカードを1000枚に!」

今あるカードの種類は250枚以上。
これを1000枚にしようというのです。
ハッキリ言って無謀です。が、この目標は、「地元のギフト」のアイデンティティを確立していくことでもあるので、頑張る価値があります。

というわけで、
1000枚化に向けてどんなカードを作っていったらいいか、つまり、どんなつくり手さんを探していくか、私なりに考えてみました。

いろいろアイディアは出ましたがここでは割愛するとして、ひとつだけ。

私の好きなもの。

例えばこんなものたちが、気がつくと私の手元に集まっていきます。
IMG_3672
これは、マグネットです。
木で作られていたり、陶器で作られていたり。
形の面白さや、お店で聞いたつくり手のバックボーンに惚れ込んで、ついつい手に取ってしまいます。

例えばこのように、全国で人知れず誰かがつくる雑貨も、カタログギフトとして集めたら、それはひとつの贈り物として魅力的なんじゃないかな、と思います。

こんなふうに自分の趣味や好みも織り込みつつ作っていったら、面白いギフトがたくさんできるかもしれません。
まずは「自分たち自身が楽しい」ということも、重要ですよね?
何たってカード1000枚は、気の遠くなるような数字ですから・・・。

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
試される大地「北海道」にて先住民の音に触れた 詳細へ