【地元のギフト】地元の復興を願って立ち上げた会社が「女川町のギフト」をつくったよ

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは。ワゴン杉本です

「地元のギフト」は地域で活動しているパートナーさんと一緒に作っています。

wagonsugimotosmall

今回は、どんな人がパートナーとして「地元のギフト」を作ってくれているのかをご紹介します。

今回は地域企業さんが「地元のギフト」をつくっている例を紹介しますよ。

「女川町のギフト」をつくったのは、宮城県女川町を産業の面から復幸する為、民間の若手事業者7名と共に立ち上げた

「復幸まちづくり女川合同会社」です。

宮城県の東、牡鹿半島基部に位置する女川町。

沿岸部には風光明媚なリアス式海岸と、天然の良港として知られる女川港、奥州三大霊場の一つである「霊島 金華山」を有しています。

ホタテやホヤ、銀鮭などの養殖業や漁業が盛んな地域です。

tab01_miyagi-onagawa.img06
tab01_miyagi-onagawa.img03

代表の阿部さんの本業は新聞販売店。

他の役員もそれぞれ本業を持ちながらも町の復興の為、走り続けています。

女川の水産加工品のブランド化事業や来春再開予定の女川駅の開業に合わせた、水産業体験施設の建設と運営を行い、

販路の拡大と交流人口増加を目指しています。

「女川町のギフト」は女川町のふるさと納税でも活用されています。

今年はさらにラインナップを増強し、より多くの人により多くの女川町のつくり手の魅力を発信しています。

あなたのまちでも、「地元のギフト」をつくりませんか?

tsukuru_img_kobetusodan

関連記事一覧