地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
ジモカンブログ
【地元のギフト】地元の復興を願って立ち上げた会社が「女川町のギフト」をつくったよ
ジモカンライター|杉本杉本

こんにちは。ワゴン杉本です

「地元のギフト」は地域で活動しているパートナーさんと一緒に作っています。

wagonsugimotosmall

今回は、どんな人がパートナーとして「地元のギフト」を作ってくれているのかをご紹介します。

今回は地域企業さんが「地元のギフト」をつくっている例を紹介しますよ。

「女川町のギフト」をつくったのは、宮城県女川町を産業の面から復幸する為、民間の若手事業者7名と共に立ち上げた

「復幸まちづくり女川合同会社」です。

宮城県の東、牡鹿半島基部に位置する女川町。

沿岸部には風光明媚なリアス式海岸と、天然の良港として知られる女川港、奥州三大霊場の一つである「霊島 金華山」を有しています。

ホタテやホヤ、銀鮭などの養殖業や漁業が盛んな地域です。

tab01_miyagi-onagawa.img06
tab01_miyagi-onagawa.img03

代表の阿部さんの本業は新聞販売店。

他の役員もそれぞれ本業を持ちながらも町の復興の為、走り続けています。

女川の水産加工品のブランド化事業や来春再開予定の女川駅の開業に合わせた、水産業体験施設の建設と運営を行い、

販路の拡大と交流人口増加を目指しています。

「女川町のギフト」は女川町のふるさと納税でも活用されています。

今年はさらにラインナップを増強し、より多くの人により多くの女川町のつくり手の魅力を発信しています。

あなたのまちでも、「地元のギフト」をつくりませんか?

tsukuru_img_kobetusodan

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
試される大地「北海道」にて先住民の音に触れた 詳細へ