【地元のギフト】企業に使ってもらいました! -その2

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは、地元カンパニー・デザイナーのナゴヤです。

前回は、工藤建設株式会社さまに「地元のギフト」を採用していただいたところまでお話ししました。
では、実際にどんなギフトになったのか・・・

そのデザインがこちら!

voice_kudo_03

創業50周年の企業での記念品ということで、
箱全面に、次の50年、100年先の明るい未来をイメージした海の写真をデザイン。
創業50周年のロゴのモチーフと簡潔なメッセージを入れました。

写真の右手前は、箱を開いたときに最初に見えるカード。
中に入っている商品カードの生産地の地図が描かれています。

実は、担当の方のアイデアで、商品ラインナップは社員の方やゆかりのある人・企業を絡めたものにしたいと言われていました。地元出身者にとっては家業応援・地元還元につながり、地元に貢献できるチャンスになるというお考えがあったのです。
地域は宮城・岩手沿岸部に絞り、被災地の復興にもつなげられれば、という裏のメッセージもありました。
なので、選べる商品は三陸の海の幸、山の幸ばかり。地元カンパニーの社員も取材に行ってきました。

完成後に先方からいただいた嬉しいコメント。
「制作の段階になると、地元カンパニーの社員さんが現地に直接出向いて出品交渉や説明、取材をしてくれたので、出品者の方にも安心していただけました。おかげさまで無事に50周年記念イベントで皆様にお配りすることができ、ギフトを受け取った方からの評判もすこぶる良いです。ありがとうございました!」

今後も全国の企業の方に喜んでいただけるギフトを提案していきたいですね!

関連記事一覧