地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
ジモカンブログ
【地元のギフト】地元のギフトのパートナーさん~地域おこし協力隊編② 遠野市のギフト~
ジモカンライター|杉本杉本

こんにちは。ワゴン杉本です。

「地元のギフト」は地域で活動しているパートナーさんと一緒に作っています。

 

今回は、どんな人がパートナーとして「地元のギフト」を作ってくれているのかをご紹介しますよ。

 

前回に引き続き今回も地域おこし協力隊が作った事例をば!

 

現在制作を進めている岩手県「遠野市のギフト」。

遠野市のギフトを制作してくれているパートナーは、遠野市の地域おこし協力隊である山田泰平さん。

山田さんは神奈川県藤沢市出身なのですが、震災をきっかけに遠野市に関わり、現在は地域おこし協力隊として活動をしています。
山田さんは、将来的に遠野市に生まれ育った女性と結婚しようと考えています。
「奥さんはこんな場所で育った人だよ」と自信を持って紹介するために、このギフトを作ろうと決意してくださいました。
山田さんの「遠野市のギフト」制作にかける想いは、以下のリンクに載っているので、ぜひ読んでみて下さい。


遠野市のカタログギフトの制作を実現したい!

 

首都圏出身の山田さんがとあるきっかけで遠野市に移住し、遠野市の女性と結婚するときに友人に遠野市を知ってもらう手段として「遠野市のギフト」を配る。

いやー、なんともいい話ですね。

ご自身の結婚式で使いたいということで、制作に取り組んでくれるのは私としても気合が入る!

 

最近は新郎新婦が自分の結婚式で使うために「地元のギフト」を制作する事例が増えてきました。

 

「地元のギフト」をつくりたい地域おこし協力隊、新郎新婦の皆さん。

是非一緒に作ってみましょう!

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
試される大地「北海道」にて先住民の音に触れた 詳細へ