【地元のギフト】地元のギフトのパートナーさん~学生編②~

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは。ワゴン杉本です。

「地元のギフト」は地域で活動しているパートナーさんと一緒に作っています。

 

今回は、どんな人がパートナーとして「地元のギフト」を作ってくれているのかをご紹介します。

今回紹介するのは、前回に引き続き大学のゼミが制作している事例を。

青森県・秋田県にまたがる「白神山地」の周辺地域でカタログギフトを制作している「白神山地のギフト」を制作したのは

明治大学農学部の本所ゼミの皆さんです。

 

本所ゼミは青森県西目屋村という地域に年に何度か通っており、その西目屋村を中心とする白神山地地域の食材を

「食べる世界遺産」としてブランディングをしています。

この「食べる世界遺産」のブランディングのひとつとして、白神山地の食品を集めた「白神山地のギフト」を制作してくれました。

 

現在は、ゼミ生のひとりが西目屋村の地域おこし協力隊として、現地に移住し、情報発信・営業など活動を続けてくれています。

というわけで、今回は大学ゼミが制作する事例をご紹介しました。

次回は「地域おこし協力隊」が制作した事例をお話ししようと思います。

では!

関連記事一覧