【地元のギフト】地域のNPOさんが地元のギフトを作っておりますよ

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは。ワゴン杉本です。

「地元のギフト」は地域で活動しているパートナーさんと一緒に作っています。


wagonsugimotosmall

今回は、どんな人がパートナーとして「地元のギフト」を作ってくれているのかをご紹介します。

今回は地域のNPOさんがつくっている事例をご紹介しますよ。

青森県の自治体のひとつ、南部町で「南部町のギフト」を制作したのは、

「NPO法人青森なんぶの達者村」さん。

青森県南部町の地域づくりを目的として、農業を活用した町づくりに取り組むNPO法人青森なんぶの達者村は、

農家を中心に会員が構成され、農家民泊やフルーツ狩りなどのグリーン・ツーリズム、地場産品の加工や新作物の導入などの六次産業化に取り組んでいます。

青森県の南東部、岩手県との県境に位置する南部町。

中央を流れる馬淵川沿いは肥沃な平野が広がり、米や野菜の栽培が盛んです。南側には名久井岳がそびえ、山麓は果樹地帯となっています。

果物狩りや農家民宿が人気の農村地域です。


namburiver

自然豊かな環境を武器に、農業が主要産業を占めますが、農家の高齢化や後継者の流出により、町の将来に不安が付きまとっています。

そんな中でカードを制作したのが、勇気凛々たる農家を中心とした若者たち。


nambunegiue

彼らが愛する地元「南部町」の魅力と自分たちの‘モノづくり’にかける想いを「南部町のギフト」というカタログギフトのカタチにして、

内外に発信していくことで、交流人口が増加や、故郷の活性化の一助になると信じて、カタログギフトを制作して下さいました。

「南部町のギフト」では、商品のつくり手さんが、自身のつくり手カードを名刺代わりにして活動をしてくれたり、様々な方法で南部町のギフトを活用して下さっています。

地域に寄り添うNPOの若者たちが、地域自慢である農産物をカタログギフトで発信をする。そんな地域がいっぱい増えると嬉しいですね。

あなたの「地元のギフト」を作りたい人はこちらから!


tsukuru_img_kobetusodan

関連記事一覧