【地元のギフト】ギフトのパンフレット、つくりました

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは、地元カンパニー・デザイナーのナゴヤです。

先日私の自宅(兵庫県)に、
大きな紙が2枚届きました。

panph_irokou

新聞紙より大きな紙の正体は、
「色校正」です。

色校正というのは、印刷物を印刷所に入稿した後、こんな色味・形で仕上がりますよ、という意味で印刷所から制作側に送られ、デザイナーが最終チェックをするためのもの。
大きくは、実際の紙や印刷方法に合わせた「本機校生」と呼ばれるものと、
写真や文字などのデータに不備がないかをチェックする意図で簡易的に出す「簡易校正」と呼ばれるものの2種類があります。
今回は簡易校正なので、紙がこんなに大きいんですね。

何の色校正かというと、
カタログギフトのパンフレットです!

これまでもパンフレットやチラシのようなものはあったのですが、
つくり手さん向けだったりパートナーさん向けだったり、
営業資料的なものもあったりと、
実は実際にギフトを使うエンドユーザー=お客さま向けのものが乏しくて
営業マンの話術頼み・・・みたいなところがあったんですね。。。
ギフトを4年も売っててこの状態・・・我ながら意外です。

そこで、満を持して、この度
お客さま向けのパンフレットをつくったというわけです。

ジャーン、完成品も今日納品されてきました。
できたてホヤホヤです。

panph1
あれ、どこかで見たことが・・・と思われた方、
これまでとは中身が違いますのでご心配なく。

panph2

これを、全国の新郎新婦や出産内祝いをお考えの方々、企業の方など、
いろんな人に配りまくるぞーー!

関連記事一覧