【地元のギフト】使い方を勝手に考えてみた! ~サプライズにも◎~

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは。HanaLab.ママライターの柴田です。
「地元のギフト」の制作に込められた想いや工夫を調査しています!

突然ですが、皆さんにはご兄弟がいますか?
私には兄が1人います。

私が結婚し、上田に来てからは1年に1回顔を合わすかどうか・・・。
ほとんど関わることが無くなってしまいました。
そこでふと思ったのが、兄にサプライズを考えてみました!

彼にとって、長野は縁もゆかりもない土地。
だからこそ、妹が嫁いだ長野のことをもっと知ってもらいたい
という気持ちも込めて、「地元のギフト」を贈るとしたら!?

どんなギフトカードを選ぼうかな~。
早速考えてみました!



~ガッツリ「お肉」ははずせない!~

長野県中信地方の郷土料理!
「塩尻発祥山賊焼きと信州で育った野菜料理の詰め合わせ」
こちらのギフトはお肉だけでなく、信州で育った野菜も一緒に入っています!
独り身だし、自分で料理することなんてほとんどないでしょう。
このギフトだと簡単に、素晴らしく美味しい山賊焼きが食べられそう。

katsudon-omote 他に、「駒ケ根ソースかつ丼セット」もいいな!
「カツ丼」といえば、一般的には「卵でカツをとじた丼」ですが、
「駒ヶ根ソースかつ丼セット」も長野ならではの食べ物ですよね!


岡崎酒造

~日本酒も飲むかな?~

上田市で有名な酒蔵、岡崎酒造さんの
「信州亀齢の酒・梅甘露」も入れよう!


カタログ写真

~お米は欠かせない!~

そうそう、あと、お米のギフトも入れておこう。
ほとんど自炊はしないと言っても、お米は必要でしょう!
信州のギフトだけでも、7種類お米のギフトカードがあります。

選ぶのに苦労しそうだな~。


信州のギフトオリジナルイメージ2

~サプライズにぴったり!~

全然音沙汰がなかった兄弟から、誕生日でもないのに
突然プレゼントが贈られてきたらビックリしますよね!?

更にこのギフトがきっかけとなって、
私の嫁いだ長野にも興味を持ってもらえるといいな。





HanaLab.ママライター:柴田

WRITER
Hanalabママライター:柴田
HanaLab.UNNOで働くママメンバー。広島県福山市出身。1児の母。
父の仕事の都合で転勤が多く、「地元」と呼べる場所がありません。
取材を通して「地元」という概念がどんな風に変わっていくのか楽しみです!

関連記事一覧