【地元のギフト】使い方を勝手に考えてみた! ~ゴルフの景品に!?~

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは。HanaLab.ママライターの柴田です。
「地元のギフト」の制作に込められた想いや工夫を調査しています!

またもや、ふと思いついたことがあります。
「地元のギフト」をゴルフコンペの景品に使ってみてはどうでしょうか!?


160418_1

~個人的な話になりますが・・・~

私の主人は、ゴルフが趣味です。
たまーに、会社の人と近くのゴルフ場に出かけています。
そして、ごくたまーに、景品を持って帰ることがあります。



160418_2

~ゴルフコンペの景品~

去年の12月、こんなことがありました。
コンペで何位になったのかは知りませんが、
主人が立派な「シクラメンの鉢植え」を貰って帰ってきました。

大きな鉢植えで、花がたくさん咲いていたシクラメン。
シクラメンって、お歳暮にも贈られる高級なお花なんですって!

そんな立派なお花、狭い我が家のどこに置いたらいいものやら・・・。
そして、お世話の仕方がよく分からない私。

結局、適当にお世話をしていたら枯らしてしまいました。
なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいでした。


信州のギフトオリジナルイメージ2

~ひらめいたぞ!~

そんなことがあってから、ゴルフの景品ももうちょっと
使い勝手がよくないとね、と個人的に思っていました。

そこで思いついたのが、「地元のギフト」!
これなら、景品をいただいた側も嬉しいのではないでしょうか?

また、オリジナルパッケージの箱に「○○社長賞」と熨斗をつけて
接待のゴルフコンぺにも使えそうですね!
社長の地元のギフトカードを詰めて、
社長のおもしろ写真も織り交ぜてみてはいかがでしょうか?

ななめ45度からおもしろさでアタックしたい企業様がいる方にもおすすめです。
もちろん、真正面から営業したい方にもおすすめ。

ゴルフコンペの景品、「何にしようかな?」と迷われている方!
「地元のギフト」はいかがでしょうか!?







HanaLab.ママライター:柴田

WRITER
Hanalabママライター:柴田
HanaLab.UNNOで働くママメンバー。広島県福山市出身。1児の母。
父の仕事の都合で転勤が多く、「地元」と呼べる場所がありません。
取材を通して「地元」という概念がどんな風に変わっていくのか楽しみです!

関連記事一覧