【地元のギフト】涌井の勝手に企画してみたシリーズ③〜ショッピングセンター編〜

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは。HanaLab.ママライターのメガネっ娘こと、涌井です。
今回も、涌井はふとこんなことを思ったのでお付き合いください。

「地元のギフトを購入してもらうにはどうしたらいいのかな・・・。」
「家の財布を握っているのは、奥様方・・・。」
「奥様方の購買意欲を掻き立てるといえば・・・。」
「試食コーナー・・・。」
「それだ!!」

ということで、こんなイベントを企画してみました。


ショッピングセンターイメージ

〜ショッピングセンターに進出〜

ショッピングセンターでは、
さまざまな催し物が開催されています。
そんなショッピングセンターの催し物に、
「地元のギフト」も参加してみてはどうでしょう?

世の奥様方はショッピングセンターが大好き!(あくまでも涌井の意見です。)
私の母も週末になると、
近くのショッピングセンターに出かけていました。


e948a934889c659b4e67e46c03631ca4

〜涌井計画〜

そんな連日多くの人が集まるショッピングセンターの一角に、
地元のギフトのコーナーはあります。

各地域のブースごとにカードを並べ、
お客さん自身で商品のセット内容を決めてもらいます。
全地域のカードが並べられている姿は圧巻でしょう!

また、
生産者さんたちが商品を作っている姿などを撮影。
その映像を一緒に流せば、
品質にこだわる奥様方には商品を信頼してもらうのに良いですよね!


試食イメージ

〜ここが違う!〜

ここまで読んで、
「そんなのどこにでもあるだろ。」
と思った方!
涌井は違いますよ!!(たぶん・・・。)

涌井はここに、
試食コーナーを設置します!
しかもただの試食ではありません。

商品のことを一番わかっているのは生産者さんたち。
そんな生産者さんたちが実際に行っている、
「オススメの調理方法」
「こんな商品との組み合わせが意外と健康に良い」
「私はこれで美肌になった!」
などのポップと一緒に、
アレンジした商品を試食してもらいます。

美肌のくだりには、
間違いなく女性は食いつきますね!


配送イメージ

〜逃がさない!〜

食いついたら最後!
あとは試食しながら、
商品カードをお客さん自ら箱詰めしてもらいます。

そして、
ショッピングセンター内の配送センターに持ち込むだけ!
何て簡単なんでしょう。

これなら、
本当に自分が美味しいと思ったものを、
お世話になった人たちに贈れて良いと思いませんか?

どうですか?
だんだん売れそうな気がしてきましたよね!
長野県のショッピングセンターを皮切りに、
全国のショッピングセンターで「地元のギフト」の催し物を開いちゃいましょう!








HanaLab.ママライター:涌井

WRITER
Hanalabママライター:涌井
HanaLab.UNNOで働くママメンバー。長野県長野市出身。1児の母。

私の「地元」ってなんだ!?の答えが「お母さん」だと気付いた今日この頃。
「肝っ玉かぁちゃん」に成るべく奮闘中!

関連記事一覧