【地元のギフト】使い方を勝手に考えてみた! ~スーパー編~

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは。HanaLab.ママライターの柴田です。
「地元のギフト」の制作に込められた想いや工夫を調査しています!

さて、今回は使い方を勝手に考えてみた!~スーパー編~
早速、提案していきます!


160405_1 スーパー ツルヤ

~スーパー「ツルヤ」で取り扱ってみては?~

長野県一帯に展開しているスーパーですが、全店ではなく、中軽井沢限定です!


160405_2 何でかな

~どうして中軽井沢だけなの?~

その理由としては、地場のものだけでなく輸入食品も多く、
品揃えも充実していて特色があるお店だからです!

軽井沢に観光で遊びに来た人が立ち寄って、ジャムなどお土産を買っていくらしいです。
お土産を買うなら「ここ!」と決めている人もいるくらい、
中軽井沢の「ツルヤ」は地元の人だけでなく、観光客にも人気のスーパーだとか!!


160405_3 ツルヤ オリジナル

~ツルヤのプライベートブランド大好き!~

私も、ツルヤオリジナルの商品はお気に入りです。
どれも個性があって、「信州限定」という感じがまた、いいですよね。
実家のお中元、お歳暮にツルヤオリジナルのジャムやジュースを贈ったこともあります。


信州のギフトの箱

~「地元のギフト」をお土産に!~

そんなプライベートブランドにも引けをとらない「地元のギフト」。
こだわりのジャムやパン、生鮮食品を詰め込んだ「信州のギフト」を
お土産として販売してみてはどうでしょうか?

お土産やこだわりの商品を求めにやってきた人に、
きっと手にとってもらえるはずです!







HanaLab.ママライター:柴田

WRITER
Hanalabママライター:柴田
HanaLab.UNNOで働くママメンバー。広島県福山市出身。1児の母。
父の仕事の都合で転勤が多く、「地元」と呼べる場所がありません。
取材を通して「地元」という概念がどんな風に変わっていくのか楽しみです!


関連記事一覧