【地元のギフト】使い方を勝手に考えてみた! ~キャンペーン編①~

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは。HanaLab.ママライターの柴田です。
「地元のギフト」の制作に込められた想いや工夫を調査しています!

今回は、企業のキャンペーン商品として「地元のギフト」を使ってもらうことを提案します!!


160322_1

~世界的に有名なあの会社!!~

「アップル」に使ってもらう、というのはどうでしょうか!?
「アップル」と言ってもスーパーの「アップルランド」ではありませんよっ!

160322_2
Mac、iPad、iPhoneと言えば・・・
そう!世界的に有名なApple社です!!


160322_3

~Appleのマークに因んで~

ギフトに入れる商品はりんご!
ただ、りんごだけで15種類もギフトカードがありません・・・

そこで、こんなギフトも入れてみました!
日頃、パソコンやスマートフォンを使っている人へ。
目を労わってあげたい「ブルーベリー」。

それから、あと数種類のギフトはキャンペーンに応募する人
がセレクトできるようにするとか!?


160322_4

~どんなキャンペーンなの?~

Appleで人気があるのは、やはりiPhoneでしょう。
いまや日本のiPhoneシェア率は5割とも言われています!

と言うことは・・・
新商品のiPhoneを購入した方に「地元のギフト」をプレゼント!!
というキャンペーンをすれば、
「地元のギフト」を知ってもらえる機会が増えると考えられます。

恐れ多くも「世界のApple」に使ってもらおうと考えてしまった柴田。
さて、次回はどんな企画を考えようかな?
お楽しみに!


    (参考文献)
  • http://japanese.engadget.com/2016/02/09/iphone-3-iphone-mm/









HanaLab.ママライター:柴田

WRITER
Hanalabママライター:柴田
HanaLab.UNNOで働くママメンバー。広島県福山市出身。1児の母。
父の仕事の都合で転勤が多く、「地元」と呼べる場所がありません。
取材を通して「地元」という概念がどんな風に変わっていくのか楽しみです!


関連記事一覧