【地元のギフト】どんな使い方ができる?~お土産編~

ジモカンブログ, 地元のギフト


こんにちは!
HanaLab.ママライターの竹花です。
「地元のギフト」の制作に込められた想いや工夫を調査していきます!

今回は、ギフトカードの使い方についてご紹介していきます。


amago2

~ギフトカードがお土産に!?~


突然ですがみなさん、「旅行」は好きですか?
私は旅行が好きで、独身時代は一人で行っていました。

楽しい旅行・・・
しかし、そんな時に悩むのが「お土産」です。

いくつも買うと荷物が増えてしまう
何を買っていいか迷う
いつも同じようなものになってしまう
相手は何が欲しいのかな・・・

色々と迷ってしまいますよね。
そんな時に使えるのが、「地元のギフトカード」です!


CF説明4

~どうやって使うの?~


いくつか例を挙げてみます。
1.旅行の後に、行ってきた地域のギフトカードを送る
2.旅行前に買っておいて、旅行先から送る
3.旅行だけでなく、帰省の際に「手土産」として持って行く

これなら帰りに荷物にならずに済み、何を買おうか迷うこともありません。
さらには自分の知らなかった名産品も知ることができて、いつもとは少し違うお土産にできますね。
手紙を添えて送っても喜ばれます!

また、帰省時の手土産としても使えます。
義理の両親の元へ行くときは特に迷ってしまう手土産ですが、
相手に選んでもらう形式なのでこれなら安心です。


tab01_tochigi-yamizo.img07

~相手とのコミュニケーションツールに~


「地元のギフトカード」をお土産として使うことで、
相手との繋がりも増やせてしまいます!

普通にお土産を渡すとそれで終わってしまいますが、
何を選んだのか連絡がくるので、相手の好みが分かり、より相手を知ることができます。
相手からのメッセージも届き、感想も知ることができます。
また手土産として持って行き、どれにしようか、一緒に話し合ったりもできます。

ただ渡すだけになっているお土産も、こうしてギフトカードを使えば
「いつもと違う、特別なもの」になります。
相手との関係も変わるかもしれませんね。

ぜひ「地元のギフトカード」をお土産として使ってみてくださいね!








HanaLab.ママライター:竹花

WRITER
Hanalabママライター:竹花
HanaLab.UNNOで働くママメンバー。長野県飯山市出身。1児の母。

新幹線開通で少しずつ変わっていく地元。
さみしさを感じつつも、今後どう変わっていくのか期待しています。




関連記事一覧