【地元のギフト】子育て中のママたちが関わっている ~カード制作 うら面編~

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは。HanaLab.ママライターの柴田です。
「地元のギフト」の制作に込められた想いや工夫を調査しています!

今回は、前回の ~カード制作 おもて面編~に引き続き、~カード制作 うら面編~ をお伝えしていきます。


card_okageya-ura

~ママメンバーへお仕事を依頼!~

地元カンパニーの名古屋和子さん、國見さんからお仕事の依頼を頂いている、ママたち。
まず、名古屋さんたちの方で、カードのうら面に載せる
生産者の方の写真、紹介文(2人の会話)といった素材を揃えるそうです。

必要な素材が揃ったら、いざ!ママメンバーにお仕事の依頼です!



160204_1 ママ 作業中

~どういう風に作るの?~

イラストレーターを使って、既定のフォーマットに商品名・規格・発送時期・生産者の紹介
・写真などをはめ込んでいくそうです。


160204_2 ママ 仕事

~センスがモノを言う!~

「既定のフォーマットがあるけれど・・・たいがいは型どおりにおさまらない。」
と、ママメンバーは言います。
とても気をつかう細かい作業。
更に、自分のセンスでカードを美しく仕上げていく必要がある、とのこと。


~どういう点に気を付けているの?~

① カード全体が美しく見えるように!
そう、見栄えは大事ですよねっ!

② 会話文がテンポ良く、気持ちよく読めるように!
人によって会話が短い、長いと様々ですが、それに応じて行間や改行する箇所を調整しているそうです。
そんな細かい作業をされていたとは!知りませんでした!!

③ 商品の写真をなるべく実物の色味で載せる!
商品写真が実物の色味と異なる場合、フォトショップで修正をするとか。
確かに!写真のイメージと実物が異なりすぎるとがっかりしますよねっ!!


~ママメンバーから一言言わせて!!~

「このような難しい仕事を、私たちママメンバーに任せてくださった、
地元カンパニーさんにとても感謝しています!」

そして、仕事を依頼してくださった名古屋和子さん。
「和子さんは私たち同様、子育てをしながら働くママです。
『同じママとして働く、ママメンバーを応援したい!』
そのような想いで仕事を私たちに任せてくださる、和子さんの気持ちがすごく嬉しい!」

とも言っていました。

その気持ちに少しでも応えられるよう私たちママメンバーも、
「カードという形にするだけでなく、地元カンパニーさんのギフトに対する想いを汲み取り、
その想いを込めた商品を作り上げていきたい。」
そうママは優しく、そして力強く語ってくれました。

・・・ええ話や。








HanaLab.ママライター:柴田

WRITER
Hanalabママライター:柴田
HanaLab.UNNOで働くママメンバー。広島県福山市出身。1児の母。
父の仕事の都合で転勤が多く、「地元」と呼べる場所がありません。
取材を通して「地元」という概念がどんな風に変わっていくのか楽しみです!




関連記事一覧