【地元のギフト】子育て中のママたちが関わっている~写真撮影編~

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは!
心も肩幅も広め、HanaLab.UNNOママメンバーの金井です。

前回の~クラウドファンディング編~に続き、
今回はHanaLab.UNNOで働くママたちが、
カードの写真撮影にも関わっているとのことで取材していきました。


~カードのここを作っています!~

ママたちがギフトカードのどの部分の写真を撮っているか、
写真撮影に関わっているママにお聞きしました。

                 ↓ここと↓

カード表

                ↓ここの写真です↓

カード裏


なるほど。カードの商品部分の撮影をされているのですね!
まさに商品の良さを伝える重要な写真ですね。


~物撮り講座でスキルアップ!~

ママたちはいきなり写真撮影を担当されたわけではないそう。
プロカメラマンの先生による「物撮り講座」を受講し、
カメラ操作、露出、照明の当て方や撮影時に気をつけることなど、細かく教えていただいたのだそうです。

物撮り講座

実際、教えていただいたことがとても役に立っているのだとか。
ビンなどを撮影する際、撮影後の写真編集作業がしやすいように、

           ↓商品の回りに黒い紙で覆って撮影すること

ビン正面

          ↓商品の下に透明なケースを置いて、浮かせて撮ること

ビン底


また照明のあて方など、物撮り講座で学んだことを生かして
撮影に臨んでいるとおっしゃっていました。
商品撮影ってこういうところに気をつけて撮っているのですね。


~撮影にちょっとおじゃましました~

                 ↓撮影中の光景↓

撮影風景


HanaLab.UNNOには専用のスタジオがないため、
撮影道具は地元カンパニーからお借りしたり作ったりして、
試行錯誤しながら撮影をしているそうです。
撮影後の編集作業がスムーズにいくように、
撮影の段階で実際の色と同じ色になるよう工夫。
また、照明の具合や商品への光の映り込みなどにも気をつけて
撮影をされているのだそう。
ただ撮ればいいというわけではないのですね・・・

最初は照明やカメラ操作など撮影がうまく進まないこともあったとのことですが、
今では「大変だけど、作業がスムーズに進むようになって楽しいです!」
とお話してくださいました。
カードの顔となる部分の商品撮影、こんなに気を配って撮っていらっしゃるのですね。
ママたちの写真へ込める想いものせて、カード制作頑張ってください!
応援しています!




WRITER
HanaLab.ママライター:金井
HanaLab.UNNOで働くママメンバー。長野県佐久市(旧望月町)出身。3児の母。
子育ては長野県の大自然の中でしたいという思いで、10年前に大阪から地元に帰郷。
毎週子どもたちと一緒に自然の中で遊んでいます。

関連記事一覧