【地元のギフト】どんな人がどんなときに使っているのか聞いてみた

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは!
HanaLab.ママライターの金井です。
ギフトカード制作に込められた想いや裏側を調査しています。

15121703

~「地元のギフト」はどんなときに贈るのか~

発送担当の國見さんと芹沢さんに伺ってきました。
「やっぱり、結婚式の引き出物で贈られることが一番多いですね。」


20151225-2

~いろいろなシチュエーションに「地元のギフト」~

結婚式での引き出物として贈られるほか、
企業からの注文で、
その企業がある地域のギフトを、お中元やお歳暮に贈られることもあるそうです。

151218_2 カードメンテナンス

~出産祝いも、これで決まり!~

遠方にいる親戚の出産祝いに、信州のおいしいギフトを贈りたいと、
こちらのギフトカードをチョイスした人も。
ママが産後の疲れた身体でお米を買いに行くのは大変だろう、とお米のカードを選んだり、
滋養をつけてほしいという想いで、
お肉のカードを選んだり。
おいしいものを食べて、産後の身体を労わってねという想いをギフトカードに込めて贈ったそうです。

これは、もらった方は嬉しいですね!
出産祝いに、
子どものおもちゃや洋服も助かりますが、
産後ヘトヘトの身体にしみわたる、
おいしい食べ物も嬉しいですね。
赤ちゃんにあげる、おいしい母乳や
ママの身体のために
出産祝いにも
地元のギフトで決まりですね!

私も今度からは、
大仕事をしたママの身体を想い、
おいしいものを選んで、地元のギフトを贈ってあげたいと思います。







WRITER
HanaLab.ママライター:金井
HanaLab.UNNOで働くママメンバー。長野県佐久市(旧望月町)出身。3児の母。
子育ては長野県の大自然の中でしたいという思いで、10年前に大阪から地元に帰郷。
毎週子どもたちと一緒に自然の中で遊んでいます。


関連記事一覧