【地元のギフト】「発送の時期はどうやって管理しているのか」聞いてみた

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは!
HanaLab.ママライターの丸山です。
「地元のギフト」の制作に込められた想いや工夫を調査しています。
今回は商品の発送時期について調査します。


20151225-1色直し

~発送には通年可能なものと時期指定がある~


地元のギフトには、通年注文可能なものと、発送時期が指定されたものがあります。
例えば、雑貨や加工食品などは、一年を通して発送できますが、
農産物は旬の時期が決まっていて、中にはほんの短い期間しか送れないものもあります。
発送できる時期が限られている商品は、どのように管理をして発送に至るのか。
担当の國見さんと芹沢さんに聞いてみました。


20151225-2

~生産者との連携がポイント!~


注文が入ったら、必ず生産者側に確認を取るそうです。
例えば、季節の旬のものは天候により、生産物が不作だったりすると
注文をいただいても、お届け出来ない場合があるからなのだとか。


20151225-3直し

そして、新鮮な状態でお届けしたいものは、翌日に配達可能な地域のみと
指定するものもあるようです。
季節のものって、天候に左右されるし、常にあるものでもないので、
生産者側と連携を取りながら管理していかないといけないのですね。


~お客様へ新鮮なうちに確実に!~


生産者側と連絡を取り、商品の発送が可能と確認できたら、お客様に新鮮なうちに確実に受け取ってほしいという想いから、
必ず受け取れる日にちも連絡を取り配送することもあるようです。
裏側でとても細やかな管理のもと、成り立っているのだなとわかりました。


20151225-4直し

~注文は第三希望まで聞いておく~


注文を受けても、特に旬の食べ物は不作だったりすると、
お届け出来ない場合もあるのだそうです。
そんな時は、お客様に第三希望まで聞いてあるので、
第二、第三希望の品でも良いか連絡を取り、対応しているのだとか。
細やかな対応に、頭が下がります!

一番美味しい時期のものをお届けしたい!そして、お客様に喜んでいただきたい!
そんな想いが伝わってきます。








WRITER
HanaLab.ママライター:丸山
HanaLab.UNNOで働くママメンバー。長野県上田市出身。4児の母。
生まれてからずっと、県外に出たことがない地元人。自分の地元が一番!と思っています。。


関連記事一覧