【地元のギフト】なぜ「出身中学校」なのか聞いてみた

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは!
HanaLab.ママライターの金井です。
ギフトカード制作に込められた思いや裏側を調査していきます。


出身中学校

~ギフトカードには、生産者の「出身中学校」が隠れている!~

こちらのギフトカード、よく目を凝らして見ていると、生産者さんの出身中学校が記載されています。
なぜ出身中学校なのか?そこにどんな思いが込められているのか、代表の児玉さんに聞いてみました。


児玉さん「う~ん。同窓生ってなんかいいじゃないですか笑。親しみがわくから。」


このカードは、地元の、その地域の人が誰かに送るときに使ってもらいたいという思いから作ったとのこと。
自分の出身校と同じ人がいたら、送りがいもあるかなという思いがあったそうです。

15121403

~「同窓生」という親近感~

ちなみに、わたしは長野県佐久市にある望月中学校の出身。
確かに初めて会う方との会話で

「どこ出身?」
「長野県!」
「おお一緒じゃん(ちょっとテンショあがる)!」

「ええ!長野のどこ?」
「東信だよ。佐久市!」
「おお!一緒一緒!(テンションさらにあがる)!」

「佐久市のどこ?」
「望月ってわかる?」
「わかるわかる!もっちゅうでしょ!一緒じゃん!!(テンションマーーーーックス!)」


出身地や出身校が一緒というのにテンションがあがってしまう金井はかなり納得。
初対面でもぐっと親しみがわいてきます。

様々な地元との関わり方がある中で、同窓会や学校の友だちなど、学校に一つの軸があることから、出身学校を載せようと思ったとお話してくれました。


カード写真

~小学校でもなく、高校でもなく、なぜ中学校?~

それにはこんな理由が。

小学校だと、地域によっては分散しすぎて同窓生の数が少ない。
高校だとジャンルが選別されすぎて、やや角がたつ場合もある。
大人になった今考えると、中学校が一番色んな立場や色んな道に進んだ人が入り混じっていたな、という理由から、中学校にしたそうです。


~ストーリーも想像できちゃう~

女性が県外出身の人がいたり、男性が県外出身の人もいたり。
奥さんの実家に来たのかなとか、家族で移住してきたのかな等、
出身中学校や出身地を読み込んでいくと、生産者さんの背景も想像できそうですね。

生産者さんのルーツに思いをはせながら、商品を選べるギフトカード。
これからもっとじっくり読み込んでみたくなりました。




WRITER
HanaLab.ママライター:金井
HanaLab.UNNOで働くママメンバー。長野県佐久市(旧望月町)出身。3児の母。
子育ては長野県の大自然の中でしたいという思いで、10年前に大阪から地元に帰郷。
毎週子どもたちと一緒に自然の中で遊んでいます。



関連記事一覧