【地元のギフト】なぜ「商品だけカラー写真」なのか聞いてみた

ジモカンブログ, 地元のギフト

こんにちは!
HanaLab.ママライターの丸山です。
ギフトカード制作に込められた想いや裏側を隅々まで調査していきます!


20151216-1

~ギフトカードは商品だけがカラー写真!~


カードを見ると、商品はカラーなのに背景は白黒。
背景には、その商品の生産者が写されているのに、白黒なんです。
作っている方も、カラーにしなくていいのか。
一体なぜなのか、デザイン担当の名古屋さんにお聞きしました!


151216-2

~背景を白黒にすることで商品を引き立てる~


メインは商品。
商品をカラーにして、背景を白黒にすることによって、インパクトが強く
商品が引き立つからなのだそうです。

20151216-3
確かに、お!と目を引きますし、おいしそうに見えますね。

20151216-4
食べ物以外のものも、とてもカラフルでどんなものなのかと目を引きます。
それに、全カラ―にしてしまうと、どれがメインなのか、わかりずらいということもあるようです。


151216-5

~白黒背景にいる商品の生産者も実はメイン~


商品は生産者が想いを込めて、丁寧に作られています。
その人しか作れないものです。
その人しか作れない技術を、次の世代へ繋ないでいってほしい!
そんな想いを、印象つけるために効果的ということで、白黒にした意図があるのだそうです。


今回、話を聞いて、すごく想いを込めた上でのデザインなんだなと、感動と驚きがありました。
商品がカラーで背景が白黒というのは、パッと見ただけで、一番に商品に目がいきますし、
とてもいい効果ですね!どれもこれもおいしそうに見えたりと、迷ってしまいそうです。






WRITER
HanaLab.ママライター:丸山
HanaLab.UNNOで働くママメンバー。長野県上田市出身。4児の母。
生まれてからずっと、県外に出たことがない地元人。自分の地元が一番!と思っています。。

関連記事一覧