地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
ジモカンブログ
【地元のギフト】なぜ「商品だけカラー写真」なのか聞いてみた
ジモカンライター|地元C地元C

こんにちは!
HanaLab.ママライターの丸山です。
ギフトカード制作に込められた想いや裏側を隅々まで調査していきます!


20151216-1

~ギフトカードは商品だけがカラー写真!~


カードを見ると、商品はカラーなのに背景は白黒。
背景には、その商品の生産者が写されているのに、白黒なんです。
作っている方も、カラーにしなくていいのか。
一体なぜなのか、デザイン担当の名古屋さんにお聞きしました!


151216-2

~背景を白黒にすることで商品を引き立てる~


メインは商品。
商品をカラーにして、背景を白黒にすることによって、インパクトが強く
商品が引き立つからなのだそうです。

20151216-3
確かに、お!と目を引きますし、おいしそうに見えますね。

20151216-4
食べ物以外のものも、とてもカラフルでどんなものなのかと目を引きます。
それに、全カラ―にしてしまうと、どれがメインなのか、わかりずらいということもあるようです。


151216-5

~白黒背景にいる商品の生産者も実はメイン~


商品は生産者が想いを込めて、丁寧に作られています。
その人しか作れないものです。
その人しか作れない技術を、次の世代へ繋ないでいってほしい!
そんな想いを、印象つけるために効果的ということで、白黒にした意図があるのだそうです。


今回、話を聞いて、すごく想いを込めた上でのデザインなんだなと、感動と驚きがありました。
商品がカラーで背景が白黒というのは、パッと見ただけで、一番に商品に目がいきますし、
とてもいい効果ですね!どれもこれもおいしそうに見えたりと、迷ってしまいそうです。






WRITER
HanaLab.ママライター:丸山
HanaLab.UNNOで働くママメンバー。長野県上田市出身。4児の母。
生まれてからずっと、県外に出たことがない地元人。自分の地元が一番!と思っています。。

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
試される大地「北海道」にて先住民の音に触れた 詳細へ