地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
ジモカンブログ
【地元のギフト】子連れ出勤の限界
ジモカンライター|小柳小柳

ギフトのネタから逸れるのが得意な小柳です。

今日も逸れていきますよ。すい〜ん!

 

昨年8月に娘が生まれ、3ヶ月の頃からオフィスに連れてきて仕事をしています。

当初はただ寝ているだけで、ふにゃふにゃ言ったら授乳とおむつ替え。たまに抱っこ。

そこから毎月毎月少しずつできることが増えていって、1歳の誕生日を目前にした今は少しずつ歩き始めています。

1469258034766

そんな成長著しい娘。彼女の成長のうち、仕事を進めるにあたって最も相性が悪いことは、自我が芽生えてきたことです。

グズグズした時、これまではおんぶをすればとりあえずは落ち着いていたところ、今は「おんぶじゃない!おんぶじゃねーよ!」と背中で泣き叫びます。おもちゃで遊んでいるから少し離れてデスクにつくと、気付いて追いかけてきては「こっちこい!こっちこいよ!」と服をひっぱります。

遊んでいる隣でパソコンを開くと、上に乗ってくるかパソコンを閉じられます。

オフィスにいるのになかなか仕事ができない私は徐々にイライラ。(周囲は黙って見守ってくれます。)

娘も中途半端にしか構ってくれない母にイライラ。(多分)

 

子供がハイハイを始める時期までは、オフィスへ子連れ出勤できることがとても助かりました。

しかし、ハイハイも始まりある程度自我をはっきり表現できるようになってくると、やはり隣に置いて仕事をするのは限界だと感じます。

 

子供を育てながら働ける、理想の企業環境はなんだろうかということをよく考えます。

時間がなくなったので考えたことはまた次回。

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
地元Cがインターン生を受け入れる際に気をつけたこと 詳細へ