これからの「お金」の話をしよう ~島根で生き延びるための戯言~編|シマネビト

イベント

シマネビト_これからの『お金』の話をしょう 編

シマネビト

これからの「お金」の話をしよう 

~島根で生き延びるための戯言~ 編

地元準備室で、島根県のイベントを開催します。

島根県にUターンした、盆子原さんをお迎えします。
地元にUターンした後、地元江津市の活性化に取り組む盆子原さん。
今回は生々しくお金の話をして頂けるようです。
地元に戻る決断をする時に最も不安になる部分でもあると思います。
なんとかなるのか、なんともならないのか、なんとかするのか
そんなお話が聞きたいですね。

私も江津に行きました。
海が近くて魚が美味しくて、そしてUIターン者が多くからみ合って
人のつながりが面白い動きを起こしています。
島根に関わらず地方移住をお考えの皆様是非お越しください。

◇シマネビトって何?

「シマネビト」とは、島根県で新しい生き方を模索するヒトのこと。
本イベントでは、毎回テーマを変えて島根県に移住した方をゲストにお呼びし、
彼らの『仕事・暮らし・想い』を皆さんにお届けします。
シマネビトが語る言葉から、皆さんは何を感じ、何を想うのでしょうか。
「Uターンについて知りたい!」
「地方移住を漠然とだけど考えている!」
という方はもちろん「なんとなく興味がある・・・」
そんなアナタも是非ご参加ください。

◇ メッセージ
「田舎に帰っても仕事がない」「仕事があってもやっていけるのか不安」・・・
こんな思いを持ちつつも、ある種タブーとされてきた「田舎のお金」の話。
テーマは『お金』。
NPO職員という特殊な職業に就く盆子原が、帰郷して一年、
『どうやって暮らしてこれたのか』? 包み隠さず、すべてオープンにします。
そのすべてが明らかになったとき、ショックを受けるか。希望を見出すか。
それは貴方次第・・・。

◇今回のシマネビト
【盆子原照晶さん】
プロフィール&メッセージ
1985年生まれ、島根県江津市出身。
大学、大学院では都市計画、建築、土木を学び、東京のコンサルタント会社にて大規模小売店舗立地法に関連する業務に2年間従事。2013年春に帰郷。
てごねっと石見ではビジネスプランコンテスト、地域づくり実践講座の運営に携わる。
今年度からは商店街を含めた江津駅前の活性化事業において各プロジェクトの事務局も務める。

◇日時:8月22日(金) 19:30~21:00
◇会場: 東京都渋谷区1-17-1 TOC第二ビル 607 地元準備室
◇最寄駅: 東京メトロ渋谷駅  徒歩 1 分 (13番出口)
◇参加費:無料

主催:しまね定住サテライト東京(島根県 ・ ふるさと島根定住財団)
共催:江津市 ・ NPO法人てごねっと石見
皆さんのご来場、心よりお待ちしております。
[ しまね定住サテライト東京 水戸抄知 ]
関連URL
くらしまねっと(http://www.kurashimanet.jp/
しまね定住サテライト東京(https://www.facebook.com/satellite.shimane
NPO法人てごねっと石見(http://tegonet.net/

申し込みフォーム

お名前
年齢
職業
メールアドレス
電話番号
備考

関連記事一覧