地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
イベント
【地元仕事人リレーVol.4のゲスト紹介】備後のギフトって??

14日(土)に開催する地元仕事人リレーVol.4。昨日のクラウドファウンディング FAAVOの紹介に引き続き、本日はもう一人のゲスト、広島県福山市出身の櫻本さんが進めているプロジェクト「備後のギフト」についてご紹介します!

備後のギフトとは

地元カンパニーの事業の一つである「地元のギフト」。現在は長野県・東信州のギフトと瀬戸内の小豆島のギフトを展開しています(ただいま、長野県の北信・南信・中信のギフトを製作中です!)。このギフトで扱う商品はその地域の有名な品ばかりではなく、普通の農家さんが作っている旬の野菜や果物なども加えられるところが特徴です。さらに、カードの裏面には作り手のストーリーを載せていて、地方出身で都市部で生活している人達が引き出物や贈り物に、自分の地元のことを知ってもらえるギフトです。つまり、地方出身者みんなが地元の応援団・広報係になれるんです。

地元のギフト

(表面)

地元のギフト_裏面

(裏面)

広島県出身の櫻本さんは、ご自身の出身である広島県の備後地域でこのギフトを作りたい!という想いのもと活動されていらっしゃいます。7月に初めて地元カンパニーを訪れて頂いてから5ヶ月。備後のギフトは3月末の発売を目指して猛スピードで進んでいます。

 

備後のギフトの作り方

当時は東京で働く会社員だった櫻本さん。このギフトを作りたいと思ったきっかけは、備後出身の友人達からのこんな声がきっかけでした。

「地元のことが気になるけど、時間がないし、できることなんてないし」。

みんな地元のために何かできないかって思っていても、なかなか具体的な行動は思い浮かばないし、今の生活を続けながらできることにも限界があります。それは地方出身者なら多くの人が思うことではないでしょうか。でも、そんな力をいくつも集めたら?地元のためにできることがあるんじゃないか?備後のギフトを、そんな想いを持ったみんなの力で作ることはできないだろうか?そう考えた櫻本さんと同級生のみなさんから備後のギフトは動き出したのです。

備後のギフトを作るには、ギフトカードの印刷費や箱代などの初期費用がかかります。「地元のために何かしたい」そう考える賛同者を集めて、みんなから1万円ずつ出資してもらうことで、初期費用をまかなうことにしました。まさに、みんなの想いをちょっとずつ集めて、備後の魅力を発信していこうという素敵なプロジェクトです。

さらに、出品者への取材と撮影は休日や連休を利用してツアーを組み、賛同者と一緒に出品者を訪れるというもの。高校や大学までしか地元にいない場合、親や友人以外の地元の人と関わる機会はそう多くありません。そんな中で地元を離れてしまったら、地元の魅力に改めて気付く機会はとても少ないのです。地元で頑張っている生産者の方々が、どんな思いで地元に暮らし、地元を発信する商品を作っているのか。そんな想いに賛同者みんなで触れる取材。これは何者にも代え難い経験のように思います。

734355_511197765642138_329071180_n
(写真:メンバーで取材のスケジュールをたてているところ)

そんなこんなで、3月の発売が今から楽しみでなりません!

 

備後のギフトの気になるあれこれ

備後のギフトが動き出してから5ヶ月、ここまで来るのに、楽しい中にもいろんな苦労や壁があったそうです。神宮司が聞いてみたい質問は↓です!

■ 賛同者集めで苦労したとき、どうやって乗り越えたんですか?
櫻本さんから進捗を聞いているとき、同級生のつながりで100人弱はすぐに集まったものの、そこから先の広がりがピタッと止まってしまったのだとか。身内以外の人を巻き込むのって、本当に難しいことだと思います。備後のギフトだけじゃなくて、多くの地域活性のプロジェクトに共通する悩みなのではないでしょうか。備後のギフトチームはその苦労をどうやって乗り越えたのか、これは気になるところです!

■ どうやってプロジェクト運営してるんですか?
賛同者みんなが同じ額の出資をするということは、賛同者みんなが同じ立場のオーナーということ。さらに、そこにはそれぞれの地元への想いがギュッとつまっています。100人以上のオーナーがいるプロジェクトでの運営方針の決め方や、プロジェクトのまわし方など、どうやっているのか?どんな工夫をしているのか?ずばり、聞いてみたいと思います。

■ 出品者の反応はどうでしたか?
地元のギフトで地元カンパニーが提供しているのはバックグラウンドの運用システムのみです。そこに出品する出品者さん探しはパートナーと呼ばれる方々(今回の場合、備後のギフトチーム)にお願いしています。みんなの想いがつまったプロジェクト、この気持ちに対して地元の人達はどのような反応だったのでしょうか。今は東京にいるけど、これから地元のために何かしたいという人にとって、気になる質問だと思います。

そんな感じでとっても素敵でとっても気になる備後のギフト。地元仕事人リレーVol.4でじゃんじゃん聞いていきたいと思います!!

<備後のギフトについて、もっと知りたい方は>
備後のギフトFacebookページ
備後のギフトHP

<備後のギフトの話が聞ける、地元仕事人リレーVol.4への参加の申し込みはこちらから↓>
12月14日(土) 19:30〜 47都道府県の地元仕事人リレーVol.4 —地元で役立つ資金調達術—

神宮司 by 今週のマーケットでは流木を売る予定です!

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
流木、売れるかな?【マーケットで売ってみた編】 詳細へ