地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
イベント
47都道府県の地元仕事人リレー vol.3|鹿児島| 鹿児島準備室説明会
2013年12月13日(金)19:00〜 開催場所 渋谷

47都道府県の地元仕事人リレー Vol.3 & 鹿児島準備室説明会
— Ten-Lab代表 永山由高さん —

 イベント概要 


  • 開催日時:  12月13日(金) 19:00〜22:00
  • 定員:    最大30名
  • 参加費:   1,000円(学生:500円)
  • 地元仕事人: Ten-Lab代表 永山由高
  • 場所:
    地元準備室@渋谷(→access
    東京都渋谷区渋谷1-17-1 TOC第二ビル 607
     ―副都心線渋谷駅13出口徒歩1分
     ―1階が「ON THE CORNER」というカフェになっているビルの6階607号室です。 
 47都道府県の地元仕事人リレーとは? 

「47都道府県の地元仕事人リレー」とは、(株)地元カンパニー 児玉が、地元や地域に根ざして活動している地元仕事人(じもとしごとにん)と事業について深く語るトークイベントです。毎回各地域で活躍する地元仕事人をゲストにお招きし、「ぶっちゃけ儲かっているのか?」「借金の額は?」など根掘り葉掘り聞きだし、地元でできるビジネスモデルを考えます。地域の仕事について事例を紹介されることはあっても、詳細な事業モデルや収益性について聞ける場はあまり多くはありません。地元×事業を徹底的に掘り下げ、参加者のみなさんが具体的な事業を描ける、そんな機会を提供するイベントです。

関連記事:47都道府県の地元仕事人リレーはお金の話。

前回も大盛況に終わった地元仕事人リレー。「利益率はいくらですか?」「立ち上げ時はどうやって仕事を探したんですか?」など参加者から挙がる質問も鋭いことが特徴です。聞きたいけどあまり聞けないお金の話、どんどん聞きましょう。

 タイムスケジュール 
  • 18:30     開場
  • 19:00 – 20:30 トークセッション
    ・地元仕事人の事業紹介
    ・児玉の質問タイム
       ―どのくらい儲かっているんですか?
       ―今後の事業の展開は?    など
    ・参加者からの質問タイム
  • 20:30 – 21:00 ワークショップ
    ・仮に今、地元で起業するとしたら(予定)
  • 21:00 – 21:15 クロージング ※ここで退出も可能
  • 21:15 – 22:00 鹿児島準備室説明会
 地元仕事人プロフィール 

■ 鹿児島天文館総合研究所 Ten-Lab代表 永山由高
994515_492761277467609_1964163788_n
鹿児島県日置市生まれ。2010年より「天文館で朝読書TenDoku」を開始。以後、鹿児島市天文館を拠点にさまざまなコミュニティを立ち上げる。2011年7月に各コミュニティの事務機能を統合する形で一般社団法人鹿児島天文館総合研究所Ten-Labを設立。2012年から地元行政の依頼をうけて離島地域や中山間地域のコミュニティデザインを手掛ける。http://www.ten-lab.org
<事業内容>
・コミュニティ形成/活性化サポート
・各種プロジェクト実行サポート
・ソーシャルメディア等活用サポート
・販売促進企画立案/実行サポート
・各種セミナー開催

■ (株)地元カンパニー代表取締役 児玉光史
DMA-A_MG_77961978年長野県上田市(旧武石村)のアスパラ農家に生まれる。東京大学農学部卒業後, IT企業に勤務し,海外のソフトウェアを販売する営業に従事。しかし、見ず知らずの人が作った物を販売しているという事に疑問を感じはじめ会社を辞めて実家のアスパラを都内で売り始める。2012年「株式会社地元カンパニー」を設立。「地元産品限定のカタログギフト」や信州若者1000人会議など、人とカネを地元に落とす仕組み化づくりに取り組んでいる。趣味は”受注”と”雇用”。

 このイベントをやろうと思った理由 

本イベント担当者の地元カンパニーの神宮司です。このイベントをやろうと思った背景には、”地域活性化”という言葉と現実の厳しさのギャップがありました。せっかく地域を元気にしたくて飛び込んでも、うまく活動を継続することができず、諦めず撤退せざるを得なくなる人も少なくありません。飛び込んだ本人だけならまだしも、受け入れた地域側にも「よそ者はだめだ」というトラウマを与えてしまうこともあります。

■お金の設計の必要性

「地域を元気にしたいんです」
「地元でこんなビジネスをやろうと考えてるんです」

地元カンパニーで月に1回開催している会社説明会の参加者から、よく聞く言葉です。

そんなとき代表の児玉からはいつも決まって「キャッシュポイントを設計しろ」という言葉がでてきます。誰からいつお金をもらうか、それまでにどんな投資が必要なのか、ということです。いくらアイディアを持っていても、資本主義のこの世の中では、実現するには少なからずお金がかかります。夢や目標を持つことは大事ですが、ここを考えずに踏み出してしまっては失敗に終わる。「どうにかなるって言うけど、ここだけはちゃんと考えないとどうにもならないから!」どの言葉よりも声を大にして言っています。
私自身も、地元カンパニーで何か新しいことを始めようと児玉に企画をもっていくと、とにかく「設計をしろ」と何度言われたことか。お金の流れも、その先の展望も。でも、児玉の近くで仕事をしていると、お金の流れを綿密に計算している姿をよく見かけます。たぶん、社員が見ていないところで、もっと計算しています。

■地域を元気にするということ

地域で活躍する方々にお会いしていつも感じることは、地域活性化を生業にして雇用を生み出すまでになるには、相当の年月が必要ということ。じっくりと地域に溶け込み、信頼され、仕事を任されるようになるということは、そんなに簡単なことではないのだと気付きました。

「地域を元気にしたい」

気持ちはわかります。私もそんな想いで地元カンパニーに入社しました。でも、夢だけではダメなこともわかりました。地域自身も資源を有効に活用して最大限の成果を生み出してくれる人材を求めています。「地域で眠っている宝を掘り起こしたい」、ではどんな相手にいくらで売るのか。ここの設計ができず成果が出せなければ、あまり意味はないのです。

■このイベントで得られるもの

世の中には様々なイベントやセミナーがあります。地域活性化の夢を語る場はいっぱいあっても、現実のお金の流れや苦労する場面にフォーカスを当ててトークするイベントはなかなかありません。いろんな場で得た、みなさんの「学び・気づき」を実践するにはお金の計画が不可欠なんです。

いろんなイベントに参加した”だけ”で終わってほしくない。そんな想いから、この47都道府県の地元仕事人リレーを企画しました。

47都道府県の地元仕事人リレーでは、地域に根ざして活躍する地元仕事人を招いて、「儲かってますか?」「借金はいくらありますか?」などビジネスモデルとお金の流れに特化した質問をじゃんじゃん投げかけていきます。そして、人数は多すぎず定員30名。なかなか聞けないお金の話。この機会にじゃんじゃん聞いてください!!

 問い合わせ先 

(株)地元カンパニー 担当:神宮司
Tel:03-6427-1772 Mail:info★jimo.co.jp(←★を@に変更して送信ください)

お申し込み

お名前
メールアドレス
学生/社会人
年齢
電話番号
出身地
(町名まで)

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
「南部町のギフト」販売開始しました 詳細へ