地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
イベント
【上田】上田でおしゃれになろう!ファッションワークショップ

上田市民となって、早2ヶ月。上田の生活にも慣れ、少しずつ知り合いも増えてきました。

…が、なぜか同世代女子の友達が少ない!!!街を見回しても、駅前をうろうろしてみても、同世代の上田女性(通称:上女)と出会う機会が極端に少ないのです。

 

上田女子はどこにいるの?

気になった私は、上田出身の女子大生に聞いてみました。

「上田の子は、どこに買い物に行くの?」

「うーん。軽井沢か、長野ですかね?お母さんとクルマで良く行っていましたよ。」

なるほど。上女はわざわざ軽井沢のアウトレットや、長野市の個性的なセレクトショップまで買い物に出かけるのかぁ!そして平日も、自宅⇄職場をクルマで移動する。これでは街の中でばったり出会う、なんてロマンスは生まれないですなぁ…。

116_1024-500x333

 

上田には買い物スポットがないの?

上田は買い物スポットがないのかぁ。。としょんぼりしながら歩いていると、あるわあるわ。おしゃれなショップやカフェ、老舗のお店までたくさんのショップがあるのです。

ph01

arkansas (セレクトショップ)

 

photo-tokida

haluta(ベーカリー、カフェ、インテリア、家具)

 

1175300_359579347508951_1733635009_n

Fika(コーヒー、ワイン、パスタ)

 

front

ルヴァン(パン)

 

上田でおしゃれになろうよ!

地元にはこんなにも素敵なお店があるのに、知らないなんてもったいない。

上田におしゃれ女子が溢れたら、この街はきっともっと面白くなるのになぁ。

おしゃれをキーワードに、同世代の上女と仲良くなりたいな。

そんな想いを叶えるために、上田のコワーキングスペース「HanaLab.」さんとワークショップを開催することになりました。

上田を歩こう。上田を着よう。「ファッションワークショップ」

1374929_593762250691611_1620083453_n

長野県伊那市出身の元読者モデルでトータルライフスタイルブランド「PUR(ピュール)」のディレクターをされている池田泉さんを講師に迎え、いつものスタイルに+1アイテムでおしゃれになれる、ファッションワークショップを行います。

1378266_593701224031047_1551262827_n

高校時代に読んでいた青文字系雑誌の代表格「zipper」の元読者モデルさん!!いずみんに会えますよ〜嬉しい!!

 

 

地元だからできるおしゃれがある

かく言う私も、生坂時代(高校生のころ)は買い物のために東京へ遠征に行っていた一人。「地元のお店なんてどーせ…」と、お店のことを知ろうともせずに、気持ちが外へ外へと向かっていました。

しかし転機は、思わぬ所にありました。大学時代、帰省の際に立ち寄った地元のセレクトショップのラインナップが、超私好みだったのです。

ショップスタッフさんとの会話を楽しみながら、広い店内でゆっくりと買い物を楽しめたり、時には着こなし相談や恋愛相談までできちゃう。そんな友達の家に遊びに行くような、地方ならではのおしゃれの楽しみ方に惚れ込んでしまいました。(今でもそのショップの近くに行くと、自然と足が向かってしまいます!)

13899112-a-rack-of-second-hand-women-dresses-at-a-market-in-london-recession-bargains

「地方だからできない」ではなくて「地方だから楽しめる」という視点が暮らしを楽しくしてくれると思うのです。

例えばファッションならば、

地方だから生まれる時間や空間のゆとり(→東京のセールとか、もう行きたくないっ。って思ってしまいます。)

ショップスタッフさんとの距離(→ついつい長居をしてしまうんですよね。お客さん同士で仲良くなる、なんてこともしばしば。)

時間をかけてじっくり選ぶ(→じっくりと選んで、色々試して、本当に気に入ったものを買うようになります。そしてそういうものほど、長く使うようになるんです。)

限られたアイテムの中で自分らしさを発揮するコツやアイデアの習得(→勉強熱心になります。笑 店員さんに着こなしのコツを伝授してもらったり、以前買った洋服との相性からアドバイスをもらったり。店員さんが、専属スタイリストです。)

などなど。ちょっと視点を変えただけで、食わず嫌いだった「地元」がキラキラと輝きだしてくる気がします。

 

まずは、20〜30代の上女から。

地元のおしゃれを再発見して、自分たちで上田の街を変えていきましょう!

目指せ、軽井沢よりも長野よりも松本よりもおしゃれな上田!!!
【講座概要】
■日程:2013年11月3日(日)※雨天決行

13:30-14:00 開場・受付
14:00-14:30 「ファッションを考えよう」(会場:HanaLab.セミナールーム)
14:30-15:00 「ファッションを見つけに行こう」(上田市内散策)
15:00-16:00 「ファッション+1アイテムを探そう」(会場:arkansas)
16:00-17:00 「ファッションについて話そう」(会場:カフェ)

■ワークショップの内容
・上田市内のファッションショップを巡る
・参加者のいつものスタイルがもっとおしゃれになる「+1アイテム」を講師が提案(※気に入れば、その場での購入も可能。購入費は各自負担)
・講師からファッションのコツやポイントを学ぶ
・上田市内にファッション友達をつくる

■場所:HanaLabセミナールーム
上田市常田2-17-17 fujimoto2F
http://hanalab.co/access/

■定員:10名

■対象者:20~30代女性

■参加費:3,000円+お茶代
(HanaLab会員と学生は半額)

申し込みはこちらから

 

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
「備後のギフト」発売開始しました 詳細へ