地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
イベント
【イベントレポート】鹿児島出身者が欲しい東京の鹿児島。

昨日開催した”東京に「ちっさい鹿児島」をつくる作戦会議Night”

もともとの発端は”鹿児島で生きることをまじめに考える夜”で、「地元ってなんだろう」をまじめに考えた末、東京にもちっさい鹿児島があれば地元感は味わえるのではないかということ。今回は鹿児島出身者が東京にほしいちっさい鹿児島を、ほとんどが鹿児島出身者というシチュエーションの中、考えてみました。

DSC_0064

このイベントを通して、私が感じたことです。

【在京の地方出身者が求めるものは似ている】
「東京にどんな場所があったらいいか」というテーマでグループ毎に議論。挙がってきたキーワードは↓。

 ・同郷の人とつながりがもてる、関係性が築ける
 ・日常的に利用できる
 ・リアルタイムな鹿児島の情報が伝わる
 ・新しい何かが生まれる

特にリアルタイムに鹿児島の情報が伝わる、というのは永山さん云く、鹿児島サイドでもニーズがあるのだとか。鹿児島はこんな人を求めている情報を伝えたくても、なかなか難しい現状があります。また、在京人にとっても、同級生と散り散りになるとあまり積極的に話をしなくなったりして、鹿児島で話題の情報が入ってこないという悩みを抱えています。在京×鹿児島、そして在京×在京の若者同士が気軽に語り合える場は、お互いの情報を共有するために求められている場のようです。

【県人会の活用】
どこの県にもあるであろう県人会。今となっては年上の方々ばかりで、若い人たちはちょっと入りにくい印象があります。でも、鹿児島出身の人たちの東京コミュニティとしては先輩的な存在。県人寮などの施設もあり、改めて考えるとすごいコミュニティなんです。うまく活用して新しいことができないか、参加者からはこんな意見も挙がっていました。

【東京のご当地居酒屋がもったいない】
せっかく鹿児島の食材を使ってる居酒屋。でも、グループの中に1人鹿児島人がいるかいないかで、飲み食いして終わるだけ。せっかく空間と食が揃っているのだから、もっと活用できるのではないか、とのこと。うん、確かに。

【自分にできることを探すのは大事】
東京にほしい鹿児島を考えた最後は2人1組になって、お互いにできることを探し合うという時間を設けました。他人から見てもらうことで、客観的に、自分がちっさい鹿児島のためにできる関わり方を見いだそうという時間です。これはとても大事だなーと思ったのですが、こういうイベントは参加した後の行動って、なかなか起こすことが難しいと思います。ゲストがすごい場合はなおさらですが、自分事に落ちなくてですね。大きい小さいに関係なく、自分ができることを探すというこの時間は、とてもポイントになる時間だったのではないかと思います。

DSC_0083

とても驚いたのが、今回の参加者はみんなタレント揃い。Webが作れる、写真が撮れる、イベントが企画できる、ファシリテーションができる、それに加えて鹿児島への愛が強い。参加者の誰もが、これから東京でオモシロイ鹿児島ができそうな予感を抱いたようです。

そして、これからも定期的にみんなが鹿児島のことを語れる場を設けることを約束し、「ちっさい鹿児島」をつくる作戦会議は終了したのでした!これからの展開に胸が高まります!

1人、北海道出身のなか見守ってみた神宮司でした。

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
【地元のギフト】生まれ育った街の素晴らしさを「贈る」 詳細へ