毎月29日はズクの日!@ズクズクツアーズ 前編

イベント

信州若者1000人会議。

渋谷ヒカリエを笑いと感動の渦に巻き込んだ学生プレゼン「“ずく”は地球を救う」

屋代高校出身の藤原正賢さんの企画が、ついに実現しました。

その名も、「ズクズクツアーズ in 善光寺」。29日のズクの日に行われたツアーをレポートします。

IMG_5767

ズクのある人に会って、ズクズクエリートになろう。

善光寺の門前。風情ある町並みの一角に建つパスタとワインのお店「こまつや」さん。美味しいランチを囲んで、第1回ズクズクツアーズはスタートしました。

IMG_5782

本日の参加者は総勢11名。まずはお互いの自己紹介から。主催の藤原くんは、「長野県で会ったステキな人の共通点は“ズクがあること”だと発見しました。今日はズクのある人に会って、“ズク”を体感してほしい。そして、ズクを出して感じたことを発信してほしいです!!」と挨拶。

IMG_5812

 

早速、本日のズクのある人1人目、「こまつや」店主の廣政さんにお話を伺いました。

長野に来て、旬の本当の美味しさを知りました。

IMG_5842

廣政さんは、山口県のご出身。奥様の地元である長野にIターンされてきました。「長野県の環境のよさは素晴らしいと思う。景色も、空気も、食べ物も素晴らしい。ただ、冬はちょっと寒いけどね」。雪かきが大変〜と笑う廣政さん。さらに、「料理はできるだけ県内産のものを使おうと思っています。どんな人がつくっているか分かるように、メニューにはつくった人の名前を書いたりね。今日の【小川村の久保田さん】は、土づくりの名人なんだよ。」と、地元農家さんとのエピソードも話してくださいました。

IMG_5815

さらに話題は、門前の歴史や街のコミュニティへと広がります。廣政さんが仲間とはじめた「門前暮らし相談所/空き家巡り」や、「人と人の繫がりで生まれる新しい街の魅力」について、善光寺のご住職とはじめた「善光寺びんずる市」など、興味深いお話をたくさん聞くことができました。

IMG_5862

定休日にも関わらずズクを出してお店を開いてくださった廣政さん。本当にありがとうございました。ごちそうさまでした!

ズクズクツアーズ@後編へつづく】

関連記事一覧