地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
ジモカンブログ 社員のつれづれ
地元ってなんだろう。
ジモカンライター|地元C地元C

ふと、考える。「地元って、なんのこと?」

ちょっと調べてみました。

a1380_000474

 

まずは、辞書から。(出典:「デジタル大辞泉」)

 

じ‐もと〔ヂ‐〕【地元】

 そのことに直接関係ある土地。「―の意見を聞く」

 その人が居住している土地。また、その人の勢力範囲である土地。「―の候補者」

 

住んでいたり、活動していたり、直接関わりのある場所が「地元」。とのこと。でも感覚としては、過去に住んでいた場所や、出生地を「地元」と呼んでいることの方が多いような…。

 

ネットでも、意見が割れているようです。

インターネット上にも、どこを「地元と呼ぶか」に悩んでいる方がいました。「都道府県では、ちょっと広すぎるし…」「市町村じゃ、分かんないよなぁ…」「生まれた場所には2歳までしかいなかったので、地元という感覚がない…」などなど。確かに、どれもうなずける悩みばかり。

 

例えば、都道府県ごとを地元とすると?

47の地元がある。ということになりますね。47分の1の地元。1000人会議のように、都内にいてもけっこうな確率で地元の人に会えそうです。

 

市町村ごとが地元だったら?

平成25年 1月現在、日本には1,719の市区町村があります(総務省HP)。ということは、1,719分の1の地元が!しかもそれぞれの地元の規模は、最大人口の横浜市・3,697,006人(←横浜市の人口が最大というのも意外です。)から、生坂村のような2,000人という小さな規模まで。これは、それぞれの地元意識が異なりそうです。

 

旧市町村が地元。ということもありそうです。

「平成の大合併」という言葉があるように、市町村の数は平成11年3月31日に比べるとグンっと減ってしまいました。その数、1513 減。(市の数/119 増、町の数/1248 減、村の数/384 減)つまり、合併でなくなってしまった市町村が「地元」という方もたくさんいると考えられるのです。「旧○○村」という名前でも、地元がいつまでも残るのは嬉しいことです。

明確な定義のない「地元」。たくさん地元がある、というのも幸せなことなのかもしれません。

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
「南部町のギフト」販売開始しました 詳細へ