地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
ジモカンブログ 社員のつれづれ
【事業紹介】あいつんちの野菜@地元商店
ジモカンライター|地元C地元C

「トマトってこんなに濃い味がするの!?」

実家から送られて来たトマトを食べて、友達が一言。

「うちのおじいちゃん、おばあちゃんが愛情込めてつくったトマトだからね!」

そんな“あいつんちのトマト”が買えるお店があります。

1060715_594980860542209_1115620442_n

 

ようこそ、地元商店へ。

“顔の見える野菜”というのは良く聞くけれど、“顔も名前も人となりも分かる野菜”というのはなかなかないと思います。

例えば実家に居るときは、「ナスがたんと採れたでやるわー。たべりー。」と、となりのおばあちゃんがお裾分けをくれたりしました。

友達の実家に遊びに行ったときには、「なんもないけど、野菜だけはあるでね。今畑から採って来たやつだで」と、畑直送のもぎたて野菜をごちそうになったこともありました。

なぜか、そういう野菜はいつも以上に美味しく感じるのです。(いや、本当に美味しいからなんだけど。)

そんな“あいつ”が見える商品だけを集めたお店が、「地元商店」。

どんな人が、どこで、どんな思いでつくっているのかが一目でわかります。商品に関わる2人の会話にも注目です。

ちなみにこの時期の一押し商品は、「極上桃と手作りジャムのセット」。ホームページから購入できます。

【地元商店について詳しくはこちらから】

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
「南部町のギフト」販売開始しました 詳細へ