地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
ジモカンブログ 社員のつれづれ
【事業紹介】倅の店へようこそ。
ジモカンライター|地元C地元C

「セガレ=倅」。それは、自分の息子をへりくだって言う言葉。

「セガール」。それは、倅の女性バーション。辞書にはまだ、載っていない。

セガレマーケット01

 

誰よりも、知っている。この野菜の美味しさを。

農家のセガレやセガールが集まって、実家や地元の野菜・果実などを売っている「セガレ・セガール」。

大切にしているのは、「親孝行」と「地元孝行」。東京にいる自分たちだからできることを模索しながら、自分たちにしか伝えられない想いのこもった活動をしています。

都内で定期的に開いているマーケットでは、小さい頃から慣れ親しんで来た「我が家の畑」で採れた野菜を売っています。お父さんが大切に育てた野菜だから、そして誰よりもたくさん食べたことのあるおいしい野菜だから、自信を持ってお勧めできるんです。

お客さんにとっても、「うちのお父さんがつくった野菜なんです。」って一言は、とっても嬉しいことだと思います。「どんな場所なの?」とか、「どんな食べ方をするの?」とか。ちょっとした会話から繫がりが生まれたら嬉しいな。と思うのです。

そんなマーケットは、次回9月15日(日)に開催予定です。場所は、イデーショップ自由が丘店前。その商品のスペシャリストたるセガレ・セガールが、皆様のお越しをお待ちしております!

【セガレ・セガールについて詳しくはこちらから。】

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
「南部町のギフト」販売開始しました 詳細へ