【事業紹介】倅の店へようこそ。

社員のつれづれ

「セガレ=倅」。それは、自分の息子をへりくだって言う言葉。

「セガール」。それは、倅の女性バーション。辞書にはまだ、載っていない。

セガレマーケット01

 

誰よりも、知っている。この野菜の美味しさを。

農家のセガレやセガールが集まって、実家や地元の野菜・果実などを売っている「セガレ・セガール」。

大切にしているのは、「親孝行」と「地元孝行」。東京にいる自分たちだからできることを模索しながら、自分たちにしか伝えられない想いのこもった活動をしています。

都内で定期的に開いているマーケットでは、小さい頃から慣れ親しんで来た「我が家の畑」で採れた野菜を売っています。お父さんが大切に育てた野菜だから、そして誰よりもたくさん食べたことのあるおいしい野菜だから、自信を持ってお勧めできるんです。

お客さんにとっても、「うちのお父さんがつくった野菜なんです。」って一言は、とっても嬉しいことだと思います。「どんな場所なの?」とか、「どんな食べ方をするの?」とか。ちょっとした会話から繫がりが生まれたら嬉しいな。と思うのです。

そんなマーケットは、次回9月15日(日)に開催予定です。場所は、イデーショップ自由が丘店前。その商品のスペシャリストたるセガレ・セガールが、皆様のお越しをお待ちしております!

【セガレ・セガールについて詳しくはこちらから。】

関連記事一覧