【事業紹介】信州若者1000人…って、どんな会議?

社員のつれづれ

2013年6月29日。

渋谷ヒカリエを信州人が埋め尽くした大イベント「信州若者1000人会議」。

その全貌に迫ってみたいと思います。

信州若者1000人会議

 

信州の若者が、渋谷ヒカリエに大集合!

生まれてから、高校を卒業するまで。当たり前のように過ごしていた“地元・信州”。大学進学とともに地元を離れ、都会の暮らしが“当たり前”になってきた若者たちが一堂に会する「信州若者1000人会議」。

(ほとんど)同じ時期に、(ほとんど)同じ場所で過ごした仲間たちが今、どんなことを考えているのか。将来、何をしようとしているのか。地元のために今、何をしているのか。…長野県で活躍する大人たちの意見も聞きながら、信州のこと、信州で働くことを考えました。

さらにこれだけたくさんの若者が集まると、会場は「大同窓会」状態に。あちらこちらから「わー!ひさしぶりー!」の嬉しそうな声が。友達の友達が友達だった、なんて嬉しい繫がりを発見することもあったようです。社会人サポーターとして参加した宮木も、高校の後輩さんに声をかけてもらいました。(嬉しい!)母校の90周年に合わせた記念ビールももらっちゃいました。

1063112_585388254834803_408361384_n

就活イベントであり、地元愛を感じるイベントであり、大同窓会であり、新たな友情を築く場所でもあった「1000人会議」。当日の様子を振り返りながら、あの熱気をもう一度思い起こそうと思います。

 

関連記事一覧