地元カンパニー通信という名のメールマガジン

社員のつれづれ

地元カンパニーでは毎月地元カンパニー通信という名の

メールマガジンを発行しています。

地元カンパニーの生きた情報がビビビっと伝わるオトクなやつです。

メールボックスで待ち構えているだけで、皆様をウズウズさせてしまうこと受合い。

そんなメールマガジンの登録ページはこちら。

是非、ご登録をお待ち致しております。

 

どんな内容かというと、こんな内容です。

今月号を公開します。

 

┏━━━━━━━━━━━━┓
地元カンパニー通信 Vol.005

・・・・・・・・・・・・・・

事業所が増えました、夏。
┗━━━━━━━━━━━━┛
こんにちは。

地元カンパニーの近藤です。
お盆休みを頂いて、「一人あまちゃんの旅」と名づけて知人やゆかりのある所に転がり込む旅をしてきました。行程は、小豆島→香川県多度津町→岡山県美作市上山集楽→鳥取県智頭町中島集落→岡山県西粟倉村という具合です。

それぞれ詳しくは個別の記事を書きたいと思いますが、

小豆島のポン真鍋さん、上山集楽の井筒耕平&木綿子のmenpei夫妻

 
鳥取の学生人材バンク田中玄洋さん。
 
特に世話になった3組みなさんが自分の好きな場所で
 
自分で仕事、事業、生業を作り、それをやり抜いている人たちでした。3組と改めて対面して僕の脳に流れた音楽、

それは、吉田拓郎の「人生を語らず」。
分かる人にしか分からない歌で申し訳無いですが、
 
そんな気持ちになりました、29歳の夏でした。さて、私の情報以外にも地元を元気にする活動がギュッとつまった
facebookページはこちらです。
「地元カンパニーのfacebookページ」
もし気に入って頂けたら「いいね!」をください。
元気の出る情報をタイムラインにお届けします!それでは、今月の地元カンパニー情報です。

————————————————–
①上田支所を開設します
————————————————–
長野県上田市に(株)地元カンパニー上田オフィスを開設します。遂に。でもこれが終の棲家という感じは一切なし。上田市は代表の児玉の地元です。(正確には武石村ですが)本格稼働は10月の予定。

たまんないダイナミズム。

代表の児玉からの報告はこちら。

————————————————–
②人材募集しています
————————————————–

支所開設というハンパない勢いに伴いまして、人材募集しています。上田で働きたい人も渋谷で働きたい人も募集しています。時代は自分の地元にあると感じている地元ラヴァー、

最近リスクとってなくてお腹ペコペコな方、

お待ち致しております。

どんな職種があるかは新しくなった地元カンパニーのHPまで。

求人情報はこちら。

————————————————–
③「地元準備室」新企画
————————————————–

地元に帰りたい人が地元に帰るための準備をする為の「地元準備室」。十勝準備室開催で早速北海道をざわめかせております。参加者の一人は北海道に帰ることを決めてしまいました。

地域おこし協力隊に応募したそうです。素晴らしいですね。

そして勢いそのままに新企画が登場。
「瀬戸内準備室」開催です。世話役は「小豆島のギフト」のパートナー

ポン真鍋さんです。

対象は「瀬戸内出身」の方です。

広いですね。広く寛容な心というものが今の時代に必要な物だと思います。

 
瀬戸内が好きで、瀬戸内に帰って暮らしたいという思いをお持ちの方を
 
お待ち致しております。

ポンさんの思いと詳細は下記をクリック。
「瀬戸内準備室」の詳細はこちら
これから、たくさんの準備室でたくさんの人と関わり・・・・
————————–
おっと、ここまで。
続きはメールマガジンで!
 

関連記事一覧