地元

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
ジモカンブログ 児玉
地元Cがやっていること〜その1〜地元のギフト編
ジモカンライター|児玉児玉

1091476_607467559293539_327995_o
渋谷オフィスの表札と鳥。

地元Cって何やってるの?とは良く聞かれる質問です。そういう質問が出てくること自体、情報の伝え方がダメだったり、事業がわかりにくかったりということなのではありますが、地元に戻っている人も多いこの時期に改めて情報発信しようと思ってます。

簡単に言えば、「地元のものを東京で売って、東京にいる人を地元に連れて帰って来ています。」です。

「地元のものを東京で売って」
世の中に売り方はたくさんありますが、地元カンパニーでは次の2つの売り方をやっています。ですが、まだまだ売上は大きくありません。今後成長させていかなければならない事業です。

1.地元のギフト
2.地元のおやつ


1.地元のギフト
まずは、こちらです。結婚式でよく頂戴するカタログギフト。好きなものから1つ選んで申し込むとその品が届くというやつです。その商品ラインナップが地元産品のみでまとめてあります。実物を見てもらった方が早いかと思います。

WEBサイト
http://gift.jimo.co.jp

現在、「東信州のギフト」「小豆島のギフト」の2地域がありますが、2014年3月末までに、7地域に増えます。増える5地域は次の通り
「北信州のギフト」「中信州のギフト」「南信州のギフト」「飛騨高山のギフト」「備後のギフト」です。

結婚の引出物で、誰もが自分の出身地のギフトを使ってもらえるように、全国に広げたいのです。これは地域のパートナーと一緒につくるものなので、ぜひ自分の地域のギフトを作りたいという方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。(但し、初期費用が結構必要です。)この事業が地元Cの最も重要な事業です。この事業がうまくいかなければ、地元カンパニーも大きくなりません。
ちなみに、「北信州のギフト」「中信州のギフト」「南信州のギフト」については、パートナーなしで独自で開発しました。独自で開発する地域も増やしていきたいです。

そもそも、地元カンパニーを大きくしたいのかと言えば、これは大きくしたいです。「地元に戻って地元を元気にしたい!」という人は結構な数がいると思うのですが、そういう人をちゃんと雇えて、他地域の取り組みを積極的に地元に注入しながら、日本各地の地元を元気にしていけるようなそんな会社にしたいです。それには、会社のそもそもの体力も必要です。これは、会社自体を大きくするのが目的ではなくて、地元を元気にする人を増やすための装置としての意味合いが強いです。

地元を良くする人を増やしていくのに、それが「雇用」というカタチが良いのか?という疑問も出てきますが、現状は、最初は雇用関係があった方がいいと思ってます。やっぱり一緒のことを考える時間も必然的に長くなりますし、その中で、互いのことを知ることができますし、3年ぐらいで、雇用関係を解消して、独立した事業主として案件毎に契約を締結する方が良いかなと思ってますが、だとしたら尚更、同じ釜の飯を食う時間が欲しい所です。

あと、会社に体力があれば、自分が想定しているスピードで「地元のギフト」も増やせていけますし。地元のギフトは、2地域や7地域では、ほとんど儲かりません。かといって、在庫をもっているわけではないので、そっちのリスクはないのですが。とにかく、もっと多くの地域で「地元のギフト」をつくりたいです。

「地元のギフト」を通じて、新郎新婦の友人に、地元産品が届きます。そうやって、地元の美味しいものが、多くの人に届いて欲しいです。

小豆島のギフト
地元のギフト

IMG_7081
出品者にはこんな感じで取材します

IMG_7096
2人の出品物。めっちゃ美味しい!!


2.地元のおやつ

これは、まだ、それほど表に出ていない事業なのですが、やっています。これは非常に分かり易い事業で、おやつになりそうな、地元のおいしいモノを、地元カンパニーでがっつり仕入れて、東京のショップに卸すという、なんともシンプルな事業です。ネットでは販売していません。都内にお店に並べさせてもらってます。結構売れているのですが、生産力に限界があって、なかなか大きく展開できていないのが現状です。あと利益率も大きくないので、今のところこの事業に頼ることはできないですね。

この事業での地元カンパニーの価値は、「都内で販売してくれるところを探しておいてもらう」「シャレたパッケージを作る」「在庫を持つ」ということです。時には積極的に在庫を持つことも必要だろうと思ってます。

現在の商品ラインナップは、信州産のドライフルーツばかりです。りんご、桃、あんず、巨峰など。美味しいです。今後は、日本中から「おやつ」になりそうなものを仕入れていきたいと思います。また、都内での販売箇所は、現在1ヶ所だけです。maach ecuteのhalutaのみです。置いてくれてありがとうございます!!(もっと増やしたい!)

haluta@maach ecuteを紹介してくれているサイト
http://www.interior-joho.com/store/detail.php?id=1895
http://tukanana.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/3haluta-maach-e.html
http://ameblo.jp/karin0321/entry-11614372025.html

地元のおやつ_01
地元のおやつ。桃のドライフルーツ〜1〜

地元のおやつ_02
地元のおやつ。桃のドライフルーツなど〜2〜

地元のおやつ_03
こんな感じで置いてもらっています

地元のおやつ_04
地元のおやつの食べ方


3.コンサルティング&制作

販売のためのコンサルティングもやっていたりします。どうやって販売したら良いかを一緒に考えて、ロゴやWEBやキャッチコピーを一緒に考えて制作までやります。地元Cには、実は、ディレクター、デザイン、コピー、ライター、エンジニアがおりますので、完全内製化しています。とはいえ、上記の通り、自社商品もいろいろやっていて、あんまりここにリソースが割けないのが現実です。一方、この事業は、会社として視野が広がりますし、短期間でキャッシュを産んでくれるので主力事業にはなることはないですが、ずっと続けていきたいと思います。

ここまでが、地元のものを東京で販売する事業ですね。3年後には、もっと体力をつけて、海外にも売りにいきたいです。次は「地元に人を連れて帰る」です。


その2に続く

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

地元カンパニーの近況(2017年12月1日) 詳細へ
東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
社員紹介②:【小姑】杉本♂  詳細へ