【SJM_000】失敗しない地元への戻り方とは

児玉

失敗しない地元への戻り方とは

地元に戻りたい人は結構います。ただ、何から手を付けて良いものか、、、と悩んでいる人も多くいます。そんな人のためにも、地元に戻る際に何をしておけば良いのか、どうやったら失敗せずに、楽しく戻ることができるのか。つまり、いかに準備をするか、いかに準備自体を楽しむことができるのか。そこら辺を発信していきたいと思ってます。

また、この記事では、“東京”から地元に戻ることを想定していますが、例えば大阪に住んでいる人は、“東京”を“大阪”と脳内変換していただければと思います。地元を離れて住んでいる場所の象徴としての“東京”ということですね。

対象としているのは、地元を離れて東京に住んでいて、3年ぐらい働いていて、何か、地元に戻りたいかも、、、と思い始めた人です。男女どちらでも楽しめる内容になっているはずです。

カテゴリー
地元に戻るには色んな観点があります。仕事や生活費、友人、今の仕事、パートナー、親、住まい、、、、うーん、、、軽く挙げただけでも結構あります。そこで次の3つのカテゴリーに分けました。この3つに絞ったのも大変な作業でしたが。

1.地元になじむ
2.地元で稼ぐ
3.地元と家族

1.地元になじむ
これは、地元に戻った後の交遊関係や生活環境などがテーマです。交友関係はそのものとして、生活環境は、生活費や住宅、他には、オシャレやレジャーなんかもありますね。地元に戻った時に、楽しく潤いのある生活が送れるかなぁという不安を解消するためのカテゴリーです。そして、地元に戻る前、つまり、東京にいる時の準備をどれだけ楽しめるかがポイントになるかと。

2.地元で稼ぐ
生活する上で、ここも外せないところですね。「地元に仕事がない」というのが、真っ先に出てくる印象ではあります。確かに東京にある仕事ほどの種類や数はないでしょう。ただ実際見てみるとそうでもないこともあります。また「なかったら創ればいい」ということも言えます。起業や創業する人はごく一部でしょうが、1つの選択肢でもあります。印象ではなくて、ちゃんと見て、会って、話して、決めることが大事かなって思います。

3.地元と家族
パートナーや子どもの存在が、この地元に戻る決断には大きな影響を与えます。後押しになる場合もあれば、その逆も。こればっかりは、最終的には、パートナーと話し合って合意形成をするしかないですが、それでも努力できる部分はあるかと思います。パートナーやお子さんに、いかに楽しく一緒に来てもらうかってところですかね。


経験者は語る
ちょこちょこ経験者に登場してもらおうと思ってます。毎回登場するわけではありません。あと、プライベートなので、本名や顔がでない場合もあります。経験者の生々しい話も織り交ぜていこうかなと。


アクションの提案
毎回(かわからないですが)、「やってみよう」を提案します。毎回、毎回押し付けがましいな〜と思う人も多いと思いますが、読んで何となくその気になるだけじゃなくて、何かしらのアクションに移してもらえると嬉しいので。それと、ちょいちょい地元Cのイベントも盛り込んで、イベントの集客に繋げたいという思惑もあります。つまり、ステマの要素も入ってます。


地元Cのメンバーで書きます
執筆者は1人ではなく、地元Cのメンバーの誰かが書きます。なので、文体やにじみでる雰囲気が異なるかもしれませんし、結果的にほぼ同じ人が書いてることになるかもしれません。報酬は支払えませんが、寄稿したいという徳のある方がいましたら、是非!


しばらくダラダラと不定期で続きます
合計で何項目になるか、現段階ではわかりません。だいたいこのくらいの項目数にしたいなぁってのはあるんですが。記事の順番もバラバラになると思います。「地元になじむ」を最初から最後まで書き切って、次に「地元で稼ぐ」にいくのではなくて、あっち行ったり、こっち行ったりします。また、なるべく定期的に記事にしたいのですが、最初は不定期でお願い致します。記事をアップしたら、facebookTwitterで拡散しますので、facebookページのいいね、Twitterのフォローをお願い致します。

関連記事一覧