地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
ジモカンブログ 児玉
地域活性化の求人考察その1:地域おこし協力隊
ジモカンライター|児玉児玉

地域活性化の求人に興味を持つ人が、地元カンパニーのサイトには多く訪れるので、その方々向けに、メッセージを伝えたいと思っております。

今回のテーマは、みなさんおなじみの「地域おこし協力隊」です。

地元カンパニーとして、各地でいろいろな人と話しますが、「地域おこし協力隊」のフレーズは良く聞きます。
隊員そのものもですが、なりたい人、募集している自治体など様々。

地域おこし協力隊
これが地域おこし協力隊のWEBページ。



では、具体的にはどんなものなのか??
私の理解で書いてみたいと思います。
(詳細はこちらのWEBページをご覧下さい:
 地域おこし協力隊 http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/index.html


1.給与を15万円(ぐらい)/月 1年〜3年貰って活動できる。

これが最大の特徴かと思います。
地域活性化は、給与が少ないだけではなく、給与が出ないとか、そういう状況もあったりしますから。そんな中で地域おこし協力隊は国の制度ということもあり、きっと確実に、給与をもらうことができるというとてもナイスな仕組みです。



2.活動資金も200万ぐらいあるはず。

先に、国の制度ということをお伝えしましたが、人件費とともに活動資金も出ます。ただ、この活動資金は、必ずしも地域おこし協力隊の隊員が自由にできるというわけではありません。受け入れる自治体の判断が優先されるのではないかと思います。とはいえ、自治体と話し合って(を説得して)使えばいいだけなので、とてもナイスな仕組みです。



3.国の制度。

総務省の制度です。隊員は自治体が受け入れますが、資金は総務省から出ますので、自治体は金銭的負担はなしで、地域おこし協力隊を受け入れることができる訳です。もちろん、自治体は、地域おこし協力隊の面倒を見る必要はあります。きっと総務省へ提出する書類等もあるはず。金が総務省から出るので、5人以上受け入れている自治体もあります。受け入れ人数の上限はないようです。


======
この3つの特徴を書いただけでも、かなり魅力的に見えます。ゴクリ。
こんな好条件で、地域活性化に携われるというのは、何とも有りがたい話です。

そういえば、2013年9月6日、7日、木曽町では地域おこし協力隊の女子会も開催されております。

地域おこし協力隊女子会

地域おこし協力隊は広がりを見せております。
さてさて続きです。


4.都市圏からその地域に住民票を移す必要がある。

移住が前提となるようです。直前に田舎に住んでいた人は、地域おこし協力隊になる条件を満たせていません。地域おこし協力隊になる直前の住所が都市圏である必要があるようです。



5.隊員終了後も地域に残ることが求められている。が、、、

ここら辺は義務化できない所でしょうし、1〜3年活動して残りたくない隊員もいれば、残したくないという自治体もあるかもしれません。ただ制度的には、隊員終了後もその地域に残って活動を続けることを求められています。当然、隊員終了後は、国からの給与もでないので、自力で稼ぐか、地域のどこかに雇用してもらう必要があります。ただ、これがどのくらい実現されているのかはわかりません。



6.何となく地域に携われれば、、、何となく地域おこし協力隊を受け入れれば

いろいろ見たり聞いたりしてきて、これが一番厄介です。何となく地域に携われればみたいな動機で隊員になった人と、地域おこし協力隊を受け入れれば何となくよくなるんじゃないかと考える自治体が、出会ってしてしまった場合が、最も悲劇的だと思います。

隊員からの提案も、自治体からの指示もなく。何も進まない感じです。これはけっこうあるんじゃないかなって思ってます。そもそも普通の会社だって、何となくの部下と、何となくの上司がいれば、その部署は活気がない訳で、そういう状況が協力隊と自治体の間にはないと考える方がおかしいです。



7.自由にやらせてくれる自治体と、ほぼ自治体の職員のように扱う自治体

自治体の受け入れ体制にも様々あるようです。何でも自由にやらせてくれるところと、ほとんど自治体の職員のように扱うところがあります。協力隊を目指す人は、希望する自治体がどのようなスタンスかを確認した方が良いかと思います。ただ、自由にやらせてもらうにはそれなりの実績や成果、日頃の立ち居振る舞いから信頼を得る必要もあると思います。ぜひ信頼を勝ち取って、自由にやらせてくれる状況を作り出して欲しいです。



8.結局何をやるかを決めないと始まらない

結局の所、その地域に入って何をやるかを予め決めておくか、入隊して1ヶ月ぐらいでさっさと決めてしまわないと、イケてる活動ができないと思います。「まずは、地域の人と仲良くなってから、、、」なんて悠長なことを言ってる暇はないように思います。やることをやりながら仲良くなればいいですし、そもそも、やることをやっている姿を地域の人が見ているからこそ、仲良くなれるんじゃないかと個人的には思ったりします。



9.リスクを背負って、売りまくる

地域に入って何から手を付けて良いのやら、、、なんて思っている人は、地域に入ったらその地域にあるものを、今住んでいる(もしくは、この前まで住んでいた)都市圏(東京等)で売りまくればいいと思います。なんなら隊員が全リスクを背負って生産者から全量買取りして、売りにいくのがかっこいいです。一気に仲良くなれると思います。そんな活動をやっているうちに自分が本当にやりたいことが見えてくると思います。



地域おこし協力隊は、常時、全国のどこかで募集しています。先ほどの地域おこし協力隊のWEBページで検索できますよ。ぜひ、この制度をフル活用して、地域に人がどんどん入ってくれればいいなぁと思います。
募集中の案件:http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/search/index.html

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
【上田】上田でおしゃれになろう!ファッションワークショップ 詳細へ