地元

地元準備室

東京にいるうちに何を獲得しよう

そんなあなたを募集している企業

東京で3年ぐらい働いて地元に帰ろうと思っている人を採用したい企業を募集しています。
全国の人材紹介事業者募集。Uターン希望者に地元企業を紹介してくれる人を募集しています。

ゆかり飲み

私の地元のゆかり飲みやってるかな

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地元カンパニー
からのお知らせはSNSで

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ
ジモカンブログ 児玉
副業チーム(←他の呼び方はないかな)のコミュニケーションをどうしていくかを考えてみた。
ジモカンライター|児玉児玉

多くの人に副業として働いてもらうのと、数人の人にがっつり働いてもらうのでは、運営方法がまるっきり変わってくるなと。そこでどんな運用方法で、どんなツールを使って運営していこうか考えた。

外部とのやりとりにはメールは必要だが、社内の中だけならメールを使わなくても大丈夫。今もslackを使っていて、スッキリした感じが好きなので、slackを活用して社内のコミュニケーションをとれば良い。外部との折衝はすぐには発生しないような気もするので、とりあえず、独自ドメインのメールアドレスは使わずにslackだけでいけるところまでいこうということにした。スマホのアプリもあるからスマホは必須。

slackは、同じメールアドレスでも複数のチームが作れるってことが判明したので、既存のチームとは別に、もう一つチームをつくることにした。んで招待するメールアドレスは同一のドメインじゃなくても大丈夫ってことなので、副業の人たちのもっているアドレスで招待。これで副業としてやってくれる人たちのコミュニケーションの場ができた。

facebookのグループでもできるんだが、facebookに入ると、タイムラインをつらつらと見てしまうので嫌なのと、slackだと、やめた人のアカウントが管理者権限で削除できるのが良い。資料の共有はGoogleのspreadsheetsなどで良いかと思う。また、そもそも19時以降に働く人が多くなるので、対外的な電話番号はほとんど役に立たない。使うとしても児玉が使うだけなので、児玉の仕事用の携帯電話だけでOK。あと、社内のコミュニケーションはできる限り電話は使わない。が、月に一度ぐらい全員が集まる食事会などは必要かなとも思う。

ということで、テキストのコミュニケーションが多いと思うので、自分の考えをしっかりとテキストにできるというのが、一緒にやる条件の一つだなって思ってます。それにしても「副業チーム」の他のいい呼び方ないかな。

児玉が木金ぐらいしか東京に来られないものの、人数を増やしていって、月〜金の夜や土日に出社する人が多くなる状態にしていきたいので、副業チームのコミュニティを調子よくやってくれる人が実は最初に必要なんじゃないかと思っている。誰か興味ある人はいないだろうか。募集してます!

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義

最近の児玉光史のブログ

東京駅の近くにコワーキングスペースできたようなので内覧にいってきた 詳細へ
当社が使っているクラウドツールと、使わなくなったツール(都度更新) 詳細へ
まだまだ手作業が多い農業、機械化はすすむか 詳細へ
最近の地元カンパニー(2017年6月) 詳細へ
地元に足りないのは”あなた” 詳細へ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
試される大地「北海道」にて先住民の音に触れた 詳細へ