地元

イベント一覧

イベント一覧を見る

地域でイベントを検索

北海道青森福島栃木東京神奈川石川長野京都鳥取島根岡山香川高知佐賀鹿児島

同郷の人と飲むのは楽しいものです

一覧を見る

あなたの町のゆかり飲み、やりませんか?

幹事募集中

地域団体が仲間を募集しています

私の地元で活動してる団体いるかな?

募集している企業・団体・個人

仲間募集

岩手県住田町を盛り上げていく ローカルコーディネーターを募集

活動場所岩手|住田町
岩手県住田町
詳細へ
仲間募集

Uターンを促進するキャリアコンサルタント

活動場所長野|上田市
合同会社地元カンパニーコンサルティング
詳細へ
仲間募集

いくぜ!全国!”ワゴン社”勤務社員募集

活動場所|全国
株式会社地元カンパニー
詳細へ
仲間募集

地元カンパニーの副業社員@渋谷募集

活動場所東京|渋谷
株式会社地元カンパニー
詳細へ
仲間募集

日本一のホタルの里で地域おこし!辰野町で地域おこし協力隊を募集しています。

活動場所長野|辰野町
長野県辰野町
詳細へ
仲間募集一覧を見る

活動場所で仲間募集を検索

岩手東京新潟石川長野愛知京都鹿児島四国

地元に戻りたい人や
地域で働きたい人は遊びにいきましょう!

一覧を見る

地元カンパニーは、仲間を募集したい企業・団体・個人の方を募集しています。
ジモカンブログ 児玉さん
「仕事」の決め方
ジモカンライター|児玉児玉

「やりたいことを仕事にしたらいいよ」というのは、時としてすごく残酷だなぁとも思います。やりたいことがある時とかやりたいことがある人というのは結構、稀だと思ったりします。やりたいことがある状態はラッキーだなと。やりたいことがないから相談してんじゃん!!という叫びも聞こえてきますが、相談を受けた人も、あんたのやりたいことが私にわかるわけないじゃん、、、とも思ったりしてます。

まぁ、「やりたい」っていう思いの濃度というか、濃さはヒトそれぞれで、薄いものでも、やりたいって言える人と、薄いからやりたいとは言い切れないなぁという人と、主観的なものもあるので、数値化できればいいなぁとか思ったりします。「ちょ、お前、5しかないのに、よくやりたいとか言えるな」とか「え、98あるのに、まだ、本当にやりたいことかわかんないって言ってるの」みたいな会話ができれば随分踏ん切りつく人もいるような気もします。

今では、偉そうに話している私も、就職時点では、これをやるぞーみたいなものはありませんでした。「IT企業もかっこいいなぁ〜、なんか給与も高いし!」ぐらいです。いまでは、「地元に担い手を!」「若者が戻って来ないのは、仕事がないからでなくて、一緒に働きたい大人がいないからだ!」みたいなことを何の恥ずかしげもなく言うようになっています。いきなりこうなったわけではなく、紆余曲折を経てこうなったわけですが、今考えればもうちょいスムーズできたのではないかと。

仕事の決め方にはいろいろあって、それぞれ良いところもあると思いますし、多様性が重要だと思いますが、会社としては一環していた方がいいと思うので、スタンスを提示するためにも記事を書いています。

まずは定義づけです。この定義に疑問を持つ人もいて当たり前です。これに納得できる人のみ次に読み進めてもらえれば良いでしょう。

定義
「仕事」は、社会課題を解決するためのものである。

プロ野球選手になりたい!医者になりたい!アイドルになりたい!と何の根拠もなく思えるものがある方が幸せだし、ラッキーだと思いますし、そういう人は貫いて欲しいと思います。僕は大学まで野球はやっていましたが、プロ野球選手になりたいと心から思ったことはなかったです。保育園の時、壇上で将来の夢を順番に話さないといけなかったんですが、特になくて、結局、となりの友達が「パイロット」と言ったので、自分も「パイロット」と言ったぐらいです。就活も全ての業種を受けました。IT企業に入ったわけですが、何か違うなーと思いまして、悩み始めたわけです。


1.新聞を読んだり、ニュースを見たりして興味を見つける

過去3ヶ月分の新聞を読みながら、スマホでパシャパシャと興味のある記事を撮影しましょう。ピンと来たらパシャ。それをやると自分が何に興味があるかがわかります。僕の場合は、スポーツ、農業、地域(自治体運営)あたりのネタでした。結果的に自分が今まで何らかのカタチで関わったものばかりになりました


2.どんな人を助けたいのかを考える

地球には数十億人の人がいます。全人類を助けられる人はいないでしょう。なので、自分が助ける人を選ぶ必要があります。「助ける」という単語は何かニュアンスがずれていますが、分かり易いので「助ける」と使っています。自分の場合は、国外の困っている人は接点がなくて、どうもイメージできなかったので、まずは日本人かなぁと思ったりしました。大学の頃旅に出て海外にちょくちょく行っていたら海外にも目を向けたかもしれませんが。んで、国内の1億人の中だったらどうだろうと考えたとき、やっぱり実家とか地元の人たちってなったわけです。更に、上田市でも16万人いるわけで、その中でも、未来の長い若者とか事業を営んでいる人たちかなと。


3.何をもって助けたとするか

これは、なかなか難儀な問いです。自分の場合は今となっては“雇用する”ということにしていますが、その昔は、「販売支援をする」と助けたことにしようとしていました。企業に所属しているとしたら、自分のお客さんの数にしていたと思います。別に雇用じゃなくてもいいです。あと、都度変わるのもいいと思います。自分の場合、雇用だけじゃなくて、地元に戻った若者の数でもいいなぁとも思います。


4.何人ぐらい助けたいか考える

自分の場合は、“雇用する”ことを助けるとしていますが、数としては、武石村の人口3500人の半分と、全国1741市町村に1人ずつ地元カンパニーの卒業生がいると楽しいなぁと思うので、合計3500人ぐらいです。同時に3500人雇用というよりも、累積かなぁ。地元カンパニーを通過していった人の数でもいいなぁと。ここら辺はまだまだ私も曖昧です。


5.助ける手法を考える

例えば、興味のある社会課題が「貧困」で、貧困によって、学べる機会が得られない子ども100人助けたいと思った場合、どんな助け方があるかを考えましょう。自治体に入ったら助けられるかもしれないし、無料で塾を開くのもいいかもしれない、教育事業を展開している企業に入って、新しい事業を立ち上げるのもいいかもしれない。そいう思いのあるフロントランナーを捜すのがいいかもしれません。僕もこの課題をどう解決すればよいかわかりませんが、解決できていないからこそ仕事なのだと思っています。そして手法がわからないからこそ企業に聞けば良いのです。ここまで考えれば、エントリーシートもさくさく書けるでしょう。


6.月にいくらあれば潤いのある生活を送れるとするか。

ココも重要です。自分として月にいくらあれば良いのかを自分で決めましょう。20万なのか50万なのか100万なのか。どれが高いとか安いとかではなく、自分で数字を決めておくことが大事です。これが極端に低い人もいますし、人よりも大きな人もいます。大きければ業種が絞られますし、小さければ選択肢は大きくなります。

2〜5と6の比重とか順番を考えましょう。自分としてはどちらが大事なのだろうかと。別にどっちでもいいと思います。私は、狙うは両立ですが、順番としたら「2〜5」→「6」ですかね。


ここまで考えると企業に会うのが楽しくなりますし、質問をぶつけたくなります。「こういう社会課題を解決する取組みをしたいんだけど、御社ではできますか?」「こういう社会課題を解決すべきだと思うんですが、御社はどのようにアプローチしますか?」「なぜ、こういう社会課題が解決されずに残っているのに、御社は、取り組んでいないのですか?」「御社は何のために存在しているのですか?」「◯◯さん(←面接官の方)は、誰を助けるために今の企業にいるんですか?」企業説明会は、こんな質問をバシバシぶつけられる良い機会だと思います。

地元を贈ろう。
地元商店
セガレ・セガール談義
ジモブロ

地元カンパニーからのお知らせ

地元リクルート

採用情報
ご応募お待ちしています

カテゴリ

地域団体の仲間募集
イベント
ジモカンブログ

殿堂入り!人気の記事

地元のためにできる14のこと〜いつまでもあると思うな親と村〜【長文】 詳細へ
5年間マーケットをやってみて気付いたこと 詳細へ
砂鉄、売れるかな?【採取編】 詳細へ
「勉強」や「経験」とか言ってないで、決めよう 詳細へ
流木、売れるかな?【マーケットで売ってみた編】 詳細へ

facebook

facebookグループ

「地元のために何かしたい…!」と考える人達が集まれるFBのグループをつくりました。各々の地元に対する想いを形にしていきましょう!!
どなたでも参加OKです!

facebook

地元の為に何かしよう
グループ