上田での生活が2倍楽しくなるもの

ジモカンブログ

上田市という街は、自転車があるとぐんと楽しくなる。

自転車があれば、中心部は1日でぐるっと一周できる広さだし、駐車場のことを気にせず街を散策できる。市街地は車がギリギリすれ違えるくらい狭い道も多いので、自転車の方が気楽だし、気になるお店を見つけた時もふらっと入りやすい。

なので上田に来てから、私の移動手段はもっぱら自転車になった。

が、難点が2つある。

 

1)坂の多さ

上田市は坂の多い街だ。私は坂の上に住んでいるので、会社に向かうときは爽快だが、帰りがきつい。街にも詳しくなってきた最近では、目的地までの起伏を考え、「あそこが脚の疲れのピークだな」と予測を立てるようになってきている。そして最近では若干太もももたくましくなってきた感がある。

 

2)雪が降ると無力

2016年末から2017年にかけて、よく雪が降った。積もった雪は寒さでカチカチに凍り、まあよく滑る。自動車のスリップもきついが、自転車のスリップもきついので、自転車に乗るのは控えた方がいい。しかし、地元の中学生や高校生たちは、冬でも元気に自転車通学している。彼らは雪の上を自転車で走ることができる特殊能力を持っているのか、はたまた一見普通に見えるママチャリが、実は雪上OKの特別仕様なのだろうか。つぶさに観察してもわからないので、いつか声をかけて聞いてみたいと思っているが、実行には移れていない。

上の難点を解決する方法をご存知の方、教えてください。最近の死活問題です。

関連記事一覧